地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
「朝鮮高校への支援金慎重に」民団が文科省に申し入れ


 民団中央本部(鄭進団長)は2月13日、文部科学省を訪れ、朝鮮高校への授業料無償化適用に関して、慎重を期すことを求める申し入れ書を提出した。

 同書では朝鮮高校は運営面、教育内容面で朝鮮総連の指導のもと、北韓の完全なコントロール下にあり、日本社会一般の常識をはるかにこえる教育指導が行われており、修学支援金が朝鮮総連の支援につながることを憂慮するとし、仮に支援金適用の際には、文部科学省から特段の指導をすべきであると述べている。以下、申し入れ書の全文。
 


文部科学大臣 平野 博文 殿
朝鮮高級学校「高校授業料無償化・就学支援金支給制度」についての申し入れ書

在日本大韓民国民団中央本部
団 長 鄭 進

 謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は国政にご尽力されておられる貴殿に対し深甚なる敬意を表し申し上げます。
 現在、文部科学省が進めております、「高校授業料無償化・就学支援金支給制度」(以下、就学支援金と表す)に関する朝鮮高級学校(以下、朝鮮高校と表す)の取り扱いについて、私ども在日韓国人60万人を代表する組織である在日本大韓民国民団(以下、本団と表す)は、以下の通り申し入れるものであります。
 貴殿におかれましてはその趣旨をご理解いただき、ご検討いただくようお願い申し上げます。

1.朝鮮高校の設置者に対する就学支援金の支給について、一部に朝鮮高校とほかの外国人学校との間に差を設ける必然性はないとか、子供の教育を受ける権利を保障すべきだとの意見がありますが、本団は朝鮮高校を支給対象に含めるかどうかについては慎重を期する必要があると考える ものであります。

2.本団は「民族教育」や子供たちの「教育を受ける権利」を否定するものではありません。それどころか、これらの権利は当然に保障されるべきものと考えています。問題は教育を受ける子供たちの側にあるのではなく、教育機関たる朝鮮高校そのものにあるのです。貴殿もご承知の通り、朝鮮高校は運営面においても教科内容の面においても、また教育全般面においても朝鮮総連の指導を通じ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の完全なコントロール下にあり、日本社会一般の常識をはるかに越えるような教育、指導が現在も変わらず行われています。

  以上の点から、就学支援金が「民族教育を受ける権利」を有する生徒個人への支援ならいざ知らず、本來の趣旨から外れて実際には朝鮮総連への支援に繋がることを憂慮するものであります。
  仮に就学支援金の支給対象に含めることになる場合には、教育内容と運営の全般的において文部科学省から特段の指導を講じることを条件に付するべきであると考えます。
以上
(2012.2.20)

最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
「青年会」80人が五輪会場...
 在日韓国青年会(朴裕植中央会長)の平昌五輪在日青年応援団80人は11日、江陵オーバルで行われたスピードスケート男子5000メー...
次期3機関長候補者…演説会...
 22日の第54回定期中央大会で選出される新3機関長にそれぞれ単独立候補している呂健二団長候補、朴安淳議長候補、梁東一監察委員長...

MINDAN All Rights Reserved.