地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
百済と日本結ぶ韓日友好の願い…琳聖太使45世孫 大内公夫さん
家譜を手にする大内さん夫妻

今年も親善訪韓団組織

 【千葉】百済から渡来した王族、琳聖太子から数えて45代目の直系子孫、大内公夫さん(74、船橋市)。10年3月に全羅北道益山市から名誉広報大使の委嘱を受けてからは、韓国と日本の友好を願って歴史認識をテーマに講演を重ねたり、有志を募って訪韓ツアーを主宰するなどしている。

 韓半島につながる出自に目覚めたのは高校生のとき。日本史の授業で同じ姓の室町時代の武将を知り、代々伝わる「多々良姓大内氏家譜」で確認した。それからは古事記などを読み、百済とのつながりに思いをはせるようになった。09年4月に夫人を伴って初めて訪韓し、百済王陵に参拝した。このときの模様は同年6月、KBSが番組「歴史追跡」のなかで「1400年ぶりの帰還‐大内家の秘密」と題して放送し、大きな話題になった。

 大内さんは「お母さんの懐に抱かれたような懐かしさと安心感を覚えた。感動して思わず泣いてしまった」と振り返る。帰りには王陵の土を一握りもらい受け、山口県の琳聖太子の墓前に捧げた。

 その後、益山市から名誉広報大使の委嘱を受けた。船橋市国際交流協会などを通じて講演を頼まれると、「われわれは韓国からの渡来人との混血で、親子兄弟も同じ。仲良くしなければならない」と説いている。

 今年も5月9日から2泊3日の日程で韓日親善訪韓ツアーを予定している。全体で20〜30人規模になる見込み。

(2014.3.19 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
隣国親善は相互国益…白眞勲参院...
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好...
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
<大阪高裁>在特会に賠償命令…...
 【大阪】在日韓国・朝鮮人排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から差別的な発言を受けたとして、在特会と桜井誠元会長に...
その他の最新ニュース
夏休みだ!いざ母国へ…次世...
在日同胞社会の次世代育成運動の一環として、日本の学校に在学する中学、高校、大学生を対象としたソウルでの「次世代サマースクール」(...
北の核・ミサイルを止めさせ...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを...
オリニの夏始まる…各地で林...
 夏休みを待っていられないかのように各地でオリニ事業が始まった。民団が次世代育成事業の柱と位置づけるだけに各地で趣向をこらしたプ...

MINDAN All Rights Reserved.