地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<読書>朝鮮総連の大罪 許されざる、その人びと
色あせる「権益擁護」…「北送事業」が転機に

 朝鮮総連の成り立ちから今日までの歴史を紐解きながら、一般にはあまり知られていない実態をあぶり出している。

 日本共産党の別働隊から北韓の出先機関への体制転換。その過程で北韓にならい権力を韓徳銖議長に一点集中し、朝鮮労働党の日本支部的役割を果たしていく。金日成・金正日父子の唯一指導体制を確立するための「学習組」や反主流派に圧力を加える「ふくろう部隊」も結成された。「日本のなかの北朝鮮」と称されるゆえんがここにある。

 しかし、創立当時は北韓一辺倒の追従型組織ではなかった。金王朝にひたすら忠誠を誓いはじめて以降、在日同胞の権益を守るという団体の性格が色あせてくる。その道筋をつけたのが、「北送事業」であった。

 北の言いなりにしか動けない総連組織の中で、「優秀」であるということは、自分でものを考えず、ひたすら上からの命令を忠実に実行するイエスマンだということだ、と著者は言う。だとすれば、北の核があるからこそ韓半島の安全が守られていると言い放つ総連組織の終焉は近い。

 北との歪んだしがらみを断ちきり、「在日」という地の利を生かして北の改革開放を導くべきだとの主張に総連はどう応えるのだろうか。

金昌烈著

(宝島社、1600円+税)03(3234)4621

(2003.9.17 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の最新ニュース
福岡で集中戸別訪問…全国か...
県内2000世帯 【福岡】民団中央本部は7日から15日までの9日間、福岡県全域の団員宅を対象に、2017集中戸別訪問活動を行って...
青年会のバトン次代へ…結成...
 青年会中央本部(朴裕植会長)は9月30と1日、東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターなどで結成40周年記念「在日青...
韓服に身を包み、語り、踊り...
 在日本大韓民国青年会(青年会)中央本部の結成40周年イベント「在日青年共育フォーラム」が1日までの2日間、都内で開かれた。初日...

MINDAN All Rights Reserved.