地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
海外好調K‐POP…市場多角化で売上額最高に

 韓国芸能プロダクション大手のSMエンタテインメントとYGエンタテインメントが昨年、過去最高の売上高を記録したことが5日、韓国金融監督院の電子公示システムによって分かった。

 少女時代やSHINee、東方神起などが所属するSMエンタテインメントの昨年の売上高は前年比6・8%増の2869億8000万ウォンを記録し、創業以来最高額となった。

 営業利益は前年比15・3%減の343億3000万ウォン。海外における売上高の割合が高い日本での円安進行と、社屋移転費用などが影響した。同社では「中国やニューメディア事業などが成長して売上高が増えた」と説明している。

 ただ、海外の売り上げに占める日本の割合は2013年の71%から昨年の7〜9月期は55・0%まで下がった。その分、同期間に中国の割合が17・9%から33・7%と倍増した。

 YGは前年比34・4%増、1563億1000万ウォンの売上高を記録、過去最高額となった。半面、営業利益は同1・1%減の219億ウォンだった。デジタル音源の売り上げや、BIGBANGなど同社所属アーティストによる海外公演の収益が好調だった。

(2015.3.18 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
韓日友好の懸け橋に…各地民...
 民団は各地で2018年の新年会を開催し、韓日の懸け橋役となって民間レベルの友好親善に尽くすとの決意を新たにした。関東 神奈川(...
新成人の門出祝う…夢の実現...
親子2代の参加者も 民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時...
在日関東地区忠清道民会新年...
 社団法人在日忠清協会(柳箕桓会長)は13日、東京・新宿区内のホテルで法人としての創立総会を兼ねた新年会(李玉順実行委員長)を開...

MINDAN All Rights Reserved.