地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<埼玉本部主管>「移動大使館」に100人…相続・兵役など関心

 【埼玉】駐日韓国大使館は25日、職員ら9人をさいたま市浦和区の埼玉韓国会館に派遣し、税務や兵役義務についての説明会「第8次同胞幸福 移動大使館」を行った(写真)。これは巡回領事サービスの一環で、13年から各地で実施している。今回は民団埼玉本部(景民杓団長)が2年ぶりに主管した。

 在日同胞の関心は高く、県内各地から約100人が参加。日本の国外財産申告制度、韓国と日本の相続制度、兵役義務制度について熱心に耳を傾けた。

 日本の国外財産申告制度については崔仁洵参事官(国税)が担当した。説明によれば、昨年度末を基準に5000万円以上の海外財産を所持していれば、日本の国税当局に申告しなければならないというもの。鄭平晋さん(民団埼玉本部常任顧問)は、「該当者は埼玉にもかなりいる。私自身、昔のおじいちゃんから済州道の土地を相続しているのでとても参考になった」と話す。

 相続も在日同胞には切実な問題のようだ。張在徳弁護士(大韓法律救助公団発展企画チーム長)の説明が終わるや、真っ先に質問した康和生さん(春日部市、不動産業)は「いい勉強になった」と語った。

 なかでも多くの参加者が関心を寄せたのは、兵役義務だった。金昌富さん(民団埼玉本部議長)の子息(当時18歳)は、「在外国民2世」としての申請手続きをしていなかったため、韓国出国の際、空港で足止めされただけに「人ごとではない」と話す。21歳の子どもを持つ白守義さん(同監察委員長)も、「わが子のためになにをしなければならないのか、よくわかった」と感想を述べた。

 景団長は「移動大使館の一環としてパスポートの申請も今日1日だけで32件受け付けた。この多くは新定住者だった。これからも新定住者との統合に力を入れ、組織活性化に結びつけていきたい」と表明した。

(2015.4.29 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の最新ニュース
韓日改善へ期待大…李洙勲大...
 李洙勲駐日大使の歓迎会が8日、民団中央本部が主催して都内で開かれた。全国の民団や傘下団体、韓人会などから250余人の幹部らが、...
オリニ70人で大盛況… 荒...
 民団東京・荒川支部(秦富澤支団長)と足立支部(金昌浩支団長)の合同オリニクリスマス会が10日、荒川支部会館で開かれ、約70人の...
第11回MINDAN文化賞...
第11回MINDAN文化賞 受賞67作品が決定 応募総数972点 最優秀賞に2作、優秀賞は4部門21...

MINDAN All Rights Reserved.