地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<埼玉本部主管>「移動大使館」に100人…相続・兵役など関心

 【埼玉】駐日韓国大使館は25日、職員ら9人をさいたま市浦和区の埼玉韓国会館に派遣し、税務や兵役義務についての説明会「第8次同胞幸福 移動大使館」を行った(写真)。これは巡回領事サービスの一環で、13年から各地で実施している。今回は民団埼玉本部(景民杓団長)が2年ぶりに主管した。

 在日同胞の関心は高く、県内各地から約100人が参加。日本の国外財産申告制度、韓国と日本の相続制度、兵役義務制度について熱心に耳を傾けた。

 日本の国外財産申告制度については崔仁洵参事官(国税)が担当した。説明によれば、昨年度末を基準に5000万円以上の海外財産を所持していれば、日本の国税当局に申告しなければならないというもの。鄭平晋さん(民団埼玉本部常任顧問)は、「該当者は埼玉にもかなりいる。私自身、昔のおじいちゃんから済州道の土地を相続しているのでとても参考になった」と話す。

 相続も在日同胞には切実な問題のようだ。張在徳弁護士(大韓法律救助公団発展企画チーム長)の説明が終わるや、真っ先に質問した康和生さん(春日部市、不動産業)は「いい勉強になった」と語った。

 なかでも多くの参加者が関心を寄せたのは、兵役義務だった。金昌富さん(民団埼玉本部議長)の子息(当時18歳)は、「在外国民2世」としての申請手続きをしていなかったため、韓国出国の際、空港で足止めされただけに「人ごとではない」と話す。21歳の子どもを持つ白守義さん(同監察委員長)も、「わが子のためになにをしなければならないのか、よくわかった」と感想を述べた。

 景団長は「移動大使館の一環としてパスポートの申請も今日1日だけで32件受け付けた。この多くは新定住者だった。これからも新定住者との統合に力を入れ、組織活性化に結びつけていきたい」と表明した。

(2015.4.29 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
岐路に立つパチンコ業界<1>
深刻な犲禺堽イ讚瓠嵒埓亀‥欝遏廚追い討ち 在日同胞社会にとっての基幹産業とも言うべきパチンコ業。その発祥は1930年代まで遡り、日...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
<平昌五輪>在日同胞の協力要請...
 2018平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は12月16日、東京・港区南麻布の民団中央本部を訪れ、呉公太団長や崔相英在日本大韓体育...
その他の最新ニュース
<民団新年会>未来創造全同...
 民団中央本部と東京本部が合同主催した2017年度新年会が12日、東京都内のホテルで開かれ、首都圏をはじめ全国主要本部の民団幹部...
韓国の皆さんに訴えたい…呉...
 昨年、民団は創団70年を迎え韓日両国で様々な活動を成功裏に終えました。青少年1500人が参加した母国訪問と在日70年写真展も本...
韓日友好協力前進の年に…民...
■□「両国合意」は守るべきと確信李俊揆・駐日韓国大使 昨年末の出来事によって、韓日関係が厳しい状況となり気の重い中で新年を迎えま...

MINDAN All Rights Reserved.