地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
相続問題に高い関心…茨城でも「移動大使館」
説明を聞く民団関係者(右)

 【茨城】駐日韓国大使館による巡回領事サービス「同胞幸福移動大使館」が9日、民団茨城本部(張仙鶴団長)であった。茨城での開催は昨年に続き2回目。団員約50人が参加した。

 テーマは13年度から始まった5000万円を超す国外財産の申告制度、相続法を中心とした法律制度の概要、兵役義務者の国外旅行など。

 相続法は「みんだん生活相談センター」所属の専門相談員で在日同胞の金紀彦弁護士が担当。団員から「わかりやすくてよかった」と好評だった。

 兵役義務も参加者の関心を集めていた。朴聖二さんの子息は今年24歳。韓国で生まれ、4歳まで国内に居住していたため、「気になっていた」という。「在外国民2世」の手続きをすれば兵役義務が延期されると知り、安心していた。

 同本部関係者は「これから団員の相談があれば、民団が責任を持って対応していく」と表情を引き締めていた。

(2015.5.27 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
隣国親善は相互国益…白眞勲参院...
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好...
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
<大阪高裁>在特会に賠償命令…...
 【大阪】在日韓国・朝鮮人排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から差別的な発言を受けたとして、在特会と桜井誠元会長に...
その他の最新ニュース
夏休みだ!いざ母国へ…次世...
在日同胞社会の次世代育成運動の一環として、日本の学校に在学する中学、高校、大学生を対象としたソウルでの「次世代サマースクール」(...
北の核・ミサイルを止めさせ...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを...
オリニの夏始まる…各地で林...
 夏休みを待っていられないかのように各地でオリニ事業が始まった。民団が次世代育成事業の柱と位置づけるだけに各地で趣向をこらしたプ...

MINDAN All Rights Reserved.