韓国語
地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
相続問題に高い関心…茨城でも「移動大使館」
説明を聞く民団関係者(右)

 【茨城】駐日韓国大使館による巡回領事サービス「同胞幸福移動大使館」が9日、民団茨城本部(張仙鶴団長)であった。茨城での開催は昨年に続き2回目。団員約50人が参加した。

 テーマは13年度から始まった5000万円を超す国外財産の申告制度、相続法を中心とした法律制度の概要、兵役義務者の国外旅行など。

 相続法は「みんだん生活相談センター」所属の専門相談員で在日同胞の金紀彦弁護士が担当。団員から「わかりやすくてよかった」と好評だった。

 兵役義務も参加者の関心を集めていた。朴聖二さんの子息は今年24歳。韓国で生まれ、4歳まで国内に居住していたため、「気になっていた」という。「在外国民2世」の手続きをすれば兵役義務が延期されると知り、安心していた。

 同本部関係者は「これから団員の相談があれば、民団が責任を持って対応していく」と表情を引き締めていた。

(2015.5.27 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
在日2世の実体験を舞台化…「キ...
 在日韓国人2世の俳優、白国秀樹さん(45)の実体験を主軸にした舞台「キダリダ」が6月、東京と大阪で上演される。TEAM O.H.S...
サラム賛歌<3>在日を見る目は...
大学で人権論教える 金洪仙さん 大阪から、私の大好きな金洪仙さん(64歳)が訪ねて来た。金さんの誘いでソウルの往十里へ、新宿梁山泊の...
「実効性あるものに」反ヘイト記...
 民団中央本部は15日、韓国中央会館でヘイトスピーチ禁止法の成立を求め、「NO!ヘイトスピーチ」記者会見を開いた。 呉公太団長が民団...
その他の最新ニュース
韓日関係は最重要…柳大使が...
「善隣発展へ継続尽力」 柳興洙駐日大使の歓送会が13日、民団中央本部と日韓親善協会中央会の共催により東京都内のホテルで開かれ、両...
<創団70年>在日の歴史・...
 民団創立70周年記念写真展(共催=民団、在外同胞財団)が16日、ソウル市庁舎を皮切りに全国巡回をスタートさせた。オープニングセ...
写真展開催予定5自治体を訪...
 呉公太団長は17日から20日にかけ、今後、写真展を開催する済州道、光州、仁川、大邱、大田の各自治体を順に訪問し市長や地元議員ら...

MINDAN All Rights Reserved.