韓国語
地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
涙と汗の奮闘記本に…定時制高校「韓国・朝鮮語」教員

 「なんで朝鮮語なんかやるんだよ!」と反発する生徒たち。これに対して、「韓国語を学ぶことで韓国の歴史と文化に向き合える。ヘイトスピーチが問題化するなか、日本を客観的に見ることもできるようになる」と説得する教師たち。

 定時制高校で悪戦苦闘しながら韓国語(朝鮮語)を教える現場の教師がつづった汗と涙の実践報告『韓国語・朝鮮語教育を拓こう‐定時制高校からの発信』がこのほど、出版された。発行元の白帝社は、「高校の韓国語・朝鮮語教育について論じた本は極めて珍しい」という。

 全国で初めて「朝鮮語」の授業を開設したのは73年の兵庫県立湊川高校(定時制、神戸市長田区)。第2外国語の必修科目で、生徒には選択の余地はない。しかも、偏見と差別のまなざしを注いできた在日同胞の教員から学ぶのだ。

 当然、生徒は「なぜ朝鮮語せんなあかんねん」と反発した。当時、教員を務めていた金時鐘さんは授業中、「顔につばをはかれた」。

 同校現職の方政雄さんは当時を思い起こし、「高校における『朝鮮語』の位置も変わり、反発は少なくなった。『韓流』の追い風のなか、むしろ『朝鮮語』を学びたいといって入学してくる生徒も幾人か出ている」と記している。

 横浜市立横浜総合高校で選択科目としての「韓国・朝鮮語」の授業が開設されたのは、国語科を受け持つ李智子さんの3年越しの働きかけによる。李さんは同校教育課程委員会で次のように提案した。

 「K‐POPや韓流といわれているが、ひとたび悪いニュースが起きると差別的発言が出る。問題は根深い。しかし、言葉を通じてその国を好きになれば、偏見もなくなるのではないか」

 13年度から3クラスで開設。翌14年度は募集定員100人に対し98人の希望者があり、4クラスに増えた。李さんは年度初めの授業で次のように話した。「皆さんは正しい判断をした。韓日関係の良くないときこそ韓国を知る必要がある」。

 A5版122ページ。税込み1512円。問い合わせは白帝社(03・3986・3271)。

(2015.6.10 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
在日2世の実体験を舞台化…「キ...
 在日韓国人2世の俳優、白国秀樹さん(45)の実体験を主軸にした舞台「キダリダ」が6月、東京と大阪で上演される。TEAM O.H.S...
<記者座談会>ヘイトスピーチ対...
■□抑止へ効果早くも「市民力」のバックボーンに A 今月3日に施行されたヘイトスピーチ対策法(本邦外出身者に対する不当な差別的言動の...
<民団>ヘイトS禁止求め院内集...
 参議院法務委員会で審議中の自民・公明両党提出のヘイトスピーチ(差別扇動)対策法案が、全会一致の委員長提案の形で今週中にも本会議に提...
その他の最新ニュース
企業と学生感度良好…201...
 民団中央本部主催の合同企業説明会「MINDAN就職フェア」が18日、東京・港区の韓国中央会館で開かれ、在日韓国系を中心とする2...
「民団の城」再建急ぐ…熊本...
地域文化・共生のセンターに 【熊本】熊本地震の発生から70日が過ぎた。被災者の罹災証明手続きや、行政が住家の被害認定調査をした結...
オリニジャンボリー成功へ…...
 民団中央本部の鄭幸男顧問は13日、創団70周年を記念して7月にソウルで開催されるオリニジャンボリーの成功を祈り、民団中央本部に...

MINDAN All Rights Reserved.