韓国語
地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<関東大震災92周年追念式>虐殺矮小化許されぬ…反ヘイトで講演会
 関東大震災(1923年)から92周年の9月1日、東京、神奈川、千葉、埼玉など、首都圏の民団地方本部は、大震災の混乱時に日本軍・警察や各地につくられた自警団などによって虐殺された数千人にのぼる同胞の冥福を祈る追悼式を、各地で開き、あらためて事件の真相の究明を求めるとともに、二度とそのような悲劇を繰りかえさせないとの決意を新たに、排外主義的なヘイトスピーチ(憎悪表現)の根絶に尽力することを誓った。同時に、居住地域の住民として共生共栄社会の構築に継続力を注ぐとともに韓日関係改善へ懸け橋の役割をいっそう強化することを確認した。
 
 東京・港区南麻布の韓国中央会館で営まれた第92周年関東大震災殉難同胞追念式には、柳興洙駐日大使、民団中央本部の朴安淳副団長(呉公太団長代理)、呂健二議長、韓在銀監察委員長ら幹部、民団東京本部の幹部、各支部支団長、婦人会、青年会の幹部をはじめ230人余りが参列した。
 
 東京本部の金昌世副団長は経過報告で「関東大震災時の悲劇は、天災であると同時に人災でもあった。韓国人は虐殺にあっても国がないため抗議はもちろん、事件の調査要求もできなかった」と指摘。「震災後92年、戦後70年の今日もなお、日本国家が真相究明はおろか犠牲者に対する謝罪や補償責任を果たしていない。近年、排外主義の風潮が拡がり、虐殺はなかったかのような、歴史的事実を否定し矮小化しようとする歴史修正主義がはびこっている」と厳しく批判した。
 
 柳大使と朴中央副団長による代表献花の後、金秀吉東京本部団長は追念辞で「我々には、虐殺という歴史的事実を後世に伝え、二度とそのような蛮行が引き起こされないようにすべき使命がある。ヘイトスピーチの根絶は次世代への義務だ」と強調した。参列者は、犠牲者の冥福を祈り献花した。大震災が起きた午前11時58分を期して全員が起立して黙祷を捧げた。
 
 第二部の「講演会」では、『九月、東京の路上で』の著者である加藤直樹氏(フリーライター)の基調講演に続き、同氏と関東大震災朝鮮人虐殺の研究者でもある姜徳相・在日韓人歴史資料館館長(滋賀県立大学名誉教授)との対談が行われた。
 
(2015.9.9 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
民族教育振興策を協議…民団と在...
 在日同胞の実態に則した民族教育の振興について考える会議が2月26日、東京・港区の韓国中央会館で開かれた。在外同胞財団と民団中央本部...
サラム賛歌<3>在日を見る目は...
大学で人権論教える 金洪仙さん 大阪から、私の大好きな金洪仙さん(64歳)が訪ねて来た。金さんの誘いでソウルの往十里へ、新宿梁山泊の...
「実効性あるものに」反ヘイト記...
 民団中央本部は15日、韓国中央会館でヘイトスピーチ禁止法の成立を求め、「NO!ヘイトスピーチ」記者会見を開いた。 呉公太団長が民団...
その他の最新ニュース
韓日関係は最重要…柳大使が...
「善隣発展へ継続尽力」 柳興洙駐日大使の歓送会が13日、民団中央本部と日韓親善協会中央会の共催により東京都内のホテルで開かれ、両...
<創団70年>在日の歴史・...
 民団創立70周年記念写真展(共催=民団、在外同胞財団)が16日、ソウル市庁舎を皮切りに全国巡回をスタートさせた。オープニングセ...
写真展開催予定5自治体を訪...
 呉公太団長は17日から20日にかけ、今後、写真展を開催する済州道、光州、仁川、大邱、大田の各自治体を順に訪問し市長や地元議員ら...

MINDAN All Rights Reserved.