地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
明日へ熱くつながろう…在日同胞大学生ワークショップ
8班に分かれてのグループディスカッション

 【茨城】在日同胞大学生ワークショップが11日から13日まで茨城県潮来で開かれ、90人がディスカッションなどを通して連帯意識を深めた。母国研修に参加したことがある学生は「これまでの行事とは違い、在日韓国人として強く目覚めるいい機会になった」と目を輝かしていた。

悩んでも在日らしく
本音語り合った3日間

 ワークショップには、韓国に留学している在日の母国修学生3人をはじめ、韓国からの留学生4人、この企画に興味をもったという韓国の大学生も7人参加した。留学生の一人は、「在日の同世代の生の声を聞くことができた」と話し、在日と本国の絆を深める場にもなった。

 次世代育成事業を運動の大きな柱に掲げる民団中央本部が主催、在日韓国学生会が主管、在外同胞財団が後援した初のワークショップ。スローガンは「繋がろう!考えをもって熱くなれ!」。同世代がともに考え、連帯することに主眼を置いた。

 初日に、呉公太団長が来年創立70年を迎える民団を中心にした「在日の歴史」や1、2世の苦労話、地方参政権など民団が現在抱えている課題を語った。「みなさんが在日同胞社会の後継者だ。多くを学んで吸収し、若い世代のネットワークを広げよう」と強調した。 2日目は権清志企画調整室長がパネルディスカッションを通じて国籍や、ヘイトスピーチをテーマに進行した。「韓国籍を維持するのは大事だが、帰化をする同胞がいる現実がある。民族意識を維持するのに韓国籍が必ずしも必要か」とあえて問題提起した。

 また、ヘイトスピーチの映像を流した後、「ヘイトスピーチは暴力だ。暴力から守る盾がわれわれには必要だ。みんなの議論を通じて、ヘイト根絶のための知恵と力の結集を」と呼びかけた。

 8班に分かれたグループディスカッションでは、結婚問題や在日のアイデンティティなどについて忌憚なく語りあった。「国籍が違うことでいじめにあったり、悩んだ時期があったが…やはり在日として生きたい」との思いも吐き出された。

 このほか、弁護士やインテリアデザインなど、各界で働く同胞の先輩6人を招いて体験談を聞くグループワークの時間も、就職活動を念頭に置く大学生には刺激になったようだ。学生会の朴在文会長は「学生たちのそれぞれの思いを共有し、悩みなど共通項を吸い上げ、今後の活動に活かしていきたい」と話す。

(2015.9.16 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の最新ニュース
韓日改善へ期待大…李洙勲大...
 李洙勲駐日大使の歓迎会が8日、民団中央本部が主催して都内で開かれた。全国の民団や傘下団体、韓人会などから250余人の幹部らが、...
オリニ70人で大盛況… 荒...
 民団東京・荒川支部(秦富澤支団長)と足立支部(金昌浩支団長)の合同オリニクリスマス会が10日、荒川支部会館で開かれ、約70人の...
第11回MINDAN文化賞...
第11回MINDAN文化賞 受賞67作品が決定 応募総数972点 最優秀賞に2作、優秀賞は4部門21...

MINDAN All Rights Reserved.