地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
「反ヘイト」呼びかけ…市民2500人行進
「反ヘイト」呼びかけ…市民2500人行進
 反ヘイトを叫ぶ市民2500人(主催者発表)が22日、東京・新宿の繁華街を練り歩いた。13、14年に続き今年が3回目。差別扇動行為に反対してきたカウンターグループが中心となってネットで呼びかけ、運営も担った。今年は乳幼児を連れた家族連れの姿も目立った。
 
法案整備求める声も
 
 出発地点の新宿中央公園は「MAKE SOME NOISE TOKYO」(東京でいろんな声を上げよう)の文字が印刷された風船を持つ人たちであふれかえった。
 
 主催者が用意した公式プラカードには「tokyo no hate」(東京にヘイトはいらない)などの文字が踊る。参加者はそれぞれの気持ちがいちばんしっくりくるものを選んで行進に加わった。
 
 先頭ブロックのフロートには人気DJが陣取り、K‐POPとヒップホップを流しながら陽気にダンス。2番目のフロートには「のりこえねっと」共同代表の佐高信さんやジャーナリストの安田浩一さんらが乗り込み、東京都にヘイトスピーチデモへの早急な対策を呼びかけた。
 
 横断幕を掲げながら先頭を歩いた有田芳生参議院議員(民主党)が、「ヘイトスピーチは人間の尊厳と平等を損なう。人種差別をなくそうという法案の成立に皆さんで力を尽くそう」と呼びかけた。
 
 参加者は「差別を許すな」「一緒に歩こう」「ヘイトを許すな」「差別はいらない」と叫びながら中央公園から新宿駅に向かった。行進の途中には、飛び入りで加わる若い人の姿も見られた。
 
 今年は性的少数者(LGBT)への差別反対、難民受け入れを求める声もあちこちであがった。
 
(2015.11.25 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他の最新ニュース
<第71回定期中央委員会>...
 民団の第71回定期中央委員会が15日、東京・港区の韓国中央会館で開かれ、在籍205人中155人が出席し、創団70周年の昨年1年...
民団組織の「未来創造」元年...
■□はじめに「同胞経済」活性化図る…価値観多様化に柔軟対応 北韓の暴走が止まらない。昨年9月に5回目の核実験を強行...
各分科委員会の報告
■□企画1李圭燮委員長 40人中33人出席。創団70周年で発信した「未来創造メッセージ」の提言を実践していく元年と位置づけ、1,...

MINDAN All Rights Reserved.