地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<創団70周年記念式典>新時代へ在日同胞大統合推進…未来創造メッセージ発信
創団70周年記念式典
 韓国民団中央本部の創団70周年記念式典と祝賀会が21日、東京都内のホテルで開かれ、全国の民団幹部や傘下団体、韓日両国の国会議員ら来賓など、約1000人が参席した。第1部の式典では民団の歴史を振り返る映像、各界からの祝辞の後に、「創団70周年未来創造メッセージ」を発表。居住する日本の地域社会発展に参与し、韓日友好の懸け橋を強化するとともに、在日同胞の総結集を実現すると高らかに宣言した。

100年見据え新たな決意
諸課題 早期完遂へ


 冒頭の映像「民団は同胞とともに、大韓民国とともに」で参席者は、朝鮮総連の卑劣な妨害にも負けず成功させた「永住権申請運動」や「外国人登録法改正運動」をはじめとした在日同胞の権益擁護運動、ソウル五輪成功への約100億円募金などに象徴される本国貢献を振り返った。

 呉公太団長は記念辞で「民団は自由・民主主義国家建設の先頭に立ち、多くの努力を惜しまなかった。次の100年を見据えて全力で韓日関係の改善と次世代育成に努めよう」と呼びかけた。

 朴槿恵大統領はビデオメッセージ(別掲)で「韓国が今日の発展を遂げる過程で、民団は熱烈な祖国愛と献身的な貢献で力になった」と高く評価し、懸案のヘイトスピーチ根絶については「対策法」という法的な土台づくりに尽力したと称えた。同時に「韓日をつなぐ懸け橋として両国の交流拡大に今後も努力を」と民団への強い期待を表明した。

 来賓祝辞では、李俊揆駐日大使が「日本全国に体系化された組織をもつ世界唯一の同胞団体」と民団を位置づけ、「在日同胞が堂々と生きていけるように、韓日間のベストフレンドになるよう最善を尽くす」と強調した。

 日韓議員連盟の額賀福志郎会長は「70年の映像を見ながら、民団を牽引してきた在日1、2世の姿、志に感動した。11月4日にソウルで日・韓議連合同総会を開き、新しい日韓関係の土台をつくるために議論し、朴槿恵大統領にも接見するが、日韓の未来をめざして頑張ることを韓国国民に約束する」と述べた。

 12人の国会議員とともに訪日した韓日議員連盟の徐羝参馗垢癲峺靴靴った在日の生活の中でも、これまで祖国貢献をしてきた民団に感謝したい」と表明した。

 このほか、公明党の山口那津男代表、民進党の岡田克也前代表、韓日親善協会中央会の金守漢会長、日韓親善協会中央会の河村建夫会長、在外同胞財団の朱鐵基理事長、日本共産党の小池晃書記局長らが、民団の業績を評価するとともに、さらなる発展を祈念した。

 続いて創団70周年特別表彰が行われ、李大使および呉団長から表彰状などが授与された。

 民団の課題を盛り込んだ「創団70周年未来創造メッセージ」は、青年世代を代表して林裕美・青年会東京本部前副会長が1,早急な南北統一実現に向けて全力を尽くす2,同胞を孤立させず、苦しむ同胞の防壁となる3,経済活動に方向転換を図るなど5項目を目標に掲げ、本国への貢献と居住する日本の地域社会発展に参与し、韓日友好の懸け橋を強化するとともに、在日同胞の総結集を実現すると宣言した。

 第2部の祝賀会(晩餐会)は韓国の伝統打楽器を用いたサムルノリ、東京韓国学校初等部児童のテコンドでオープニング。ステージでは、K‐POPグループのノーティーボーイズや「トロット王子」のパク・ヒョンビンのライブで祝賀ムードを盛り上げた。

(2016.10.26 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
地域社会へ貢献誓う…民団茨城7...
全国で12番目 【茨城】民団茨城本部(張仙鶴団長)は21日、水戸市内のホテルに民団関係者のほか国会議員、県議、自治体関係者など320...
その他の最新ニュース
<プレスリリース>国連人権...
30カ国が人種差別を含む差別の撤廃に向けた施策を勧告  2017年11月14日、国連人権理事会において日本政府に対する 第3回U...
<プレスリリース>国連人権...
1.   2017年11月14日、国連人権理事会において日本政府に対する 第3回UPR審査(Universal Per...
「長津湖戦闘」戦死者追念式...
 1950年の6・25韓国戦争で最も過酷だった戦闘の一つとして知られるのが「長津湖戦闘」だ。この戦闘で犠牲になった在日学徒義勇軍...

MINDAN All Rights Reserved.