地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
隣国親善は相互国益…白眞勲参院議員が韓日関係の展望語る
地方参政権は必要と強調する白眞勲議員
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好親善の在り方について講演した。韓日の記者や民団関係者、日本の市民団体関係者ら約30人が耳を傾けた。

 白議員は朝鮮日報日本支社長を経て、2004年に当時の民主党公認の比例代表で参議院議員に立候補。「父の国韓国、母の国日本」と自らの出自を明らかにして選挙運動に入り、当選した。

 「在日出身であることを理解した上で投票してくれた日本人がいるという事実こそ、日本が開かれた国になり始めた証拠だ」と述べた。昨年7月の選挙で3度目の当選を果たした。

 「いろんなルーツをもつ者が多文化共生を進めるのはいいことだ。日本の国会議員として、隣国と仲良くしなければ、日本の国益のためによくならないと考えている。同様に、外国籍の隣人を排除するのではなく、仲良くしなければ、それも日本の国益にプラスにならない。日本を形づくっているのは、日本人だけではない。日本人同様に納税等の義務を果たす永住外国人もいる。永住外国人の地方参政権については、地方自治は地域住民が決める問題。民主党時代に法案成立直前までいったが、実現しなかった。今後とも成立に向けて取り組む」と強調した。

 さらに「政治レベルも民間も、日韓関係で歴史問題だけに焦点を当てると、お互いに消耗する。1割程度はハードな問題に直面せざるを得ないが、8、9割は交流を中心に前向きに考えたほうがいい」と提案した。

 このほか、このほど文在寅大統領が日本に派遣した文喜相特使とは、民進党の蓮舫代表らとともに面談した。文大統領の北韓に対する融和政策については、文特使から「北韓の核問題解決が前提だ」との言質を引き出すとともに、白議員が「両国首脳がもっと会って直接話すべきだ。日本人拉致問題は、日韓両国で解決しよう」と提案したことも明かした。

(2017.5.31 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早...
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・...
その他の最新ニュース
<光復72周年慶祝辞>北韓...
「隷従状態から覚醒を」朝総連系同胞に強く訴える 親愛なる在日同胞の皆さん 本日、第72周年の光復節を迎え、日本帝国主義の36年に...
学び、語り、母国感じて…次...
 在日同胞の中・高・大学生を対象に夏休みを活用して実施された民団主催(在外同胞財団後援)の2017次世代サマースクールが7月25...
<韓国人元BC級戦犯たち>...
 牴燭里燭瓩法誰のために瓠これは第2次大戦中、南方のジャワ、マレー、タイなどで旧日本軍の連合国捕虜監視要員を務めたために解放...

MINDAN All Rights Reserved.