地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<書評>「当然の法理」とは…外国人はなぜ消防士になれないか
 タイトルに「消防士」を持ってきたのが象徴的。消防士こそ「公権力の行使」の最たるものだからだ。どの地方公共団体も外国籍住民に消防士となるための受験を認めていない。こうした公的な国籍差別に法的正当性があるのか。

 外国人にも法の下の平等原則が及ぶことは論を待たない。特に日本社会の構成員である定住者であれば、国籍に基づく区別の合理性は慎重に審査されなければならない。そのうえで撤廃、見直しが必要な公務就任に関する制約にさまざまな角度から検討を加えたのが本書だ。

 とりあげたテーマは地方公務員関係にとどまらない。国家公務員一般職採用試験でも「公務は多種にのぼり、そのすべてについて一律に外国人の就任を拒否する根拠は認めがたい」としている。最高裁が任命を拒否している調停委員、司法委員しかり。人権擁護委員、民生委員、児童委員、日本学術会議会員など「外国人はダメ」の一言で思考停止状態に陥っている人たちに再考を促している。

 公益社団法人自由人権協会のなかの「外国人の権利小委員会」が2010年以来分析、検討してきた成果をもとに補足、補充を加えた。田畑ブックレット(田畑書店、03・6272・5718)1400円(税別)。

(2017.8.2 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早...
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・...
<大阪高裁>在特会に賠償命令…...
 【大阪】在日韓国・朝鮮人排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から差別的な発言を受けたとして、在特会と桜井誠元会長に...
その他の最新ニュース
<光復72周年慶祝辞>北韓...
「隷従状態から覚醒を」朝総連系同胞に強く訴える 親愛なる在日同胞の皆さん 本日、第72周年の光復節を迎え、日本帝国主義の36年に...
学び、語り、母国感じて…次...
 在日同胞の中・高・大学生を対象に夏休みを活用して実施された民団主催(在外同胞財団後援)の2017次世代サマースクールが7月25...
<韓国人元BC級戦犯たち>...
 牴燭里燭瓩法誰のために瓠これは第2次大戦中、南方のジャワ、マレー、タイなどで旧日本軍の連合国捕虜監視要員を務めたために解放...

MINDAN All Rights Reserved.