地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<書評>「当然の法理」とは…外国人はなぜ消防士になれないか
 タイトルに「消防士」を持ってきたのが象徴的。消防士こそ「公権力の行使」の最たるものだからだ。どの地方公共団体も外国籍住民に消防士となるための受験を認めていない。こうした公的な国籍差別に法的正当性があるのか。

 外国人にも法の下の平等原則が及ぶことは論を待たない。特に日本社会の構成員である定住者であれば、国籍に基づく区別の合理性は慎重に審査されなければならない。そのうえで撤廃、見直しが必要な公務就任に関する制約にさまざまな角度から検討を加えたのが本書だ。

 とりあげたテーマは地方公務員関係にとどまらない。国家公務員一般職採用試験でも「公務は多種にのぼり、そのすべてについて一律に外国人の就任を拒否する根拠は認めがたい」としている。最高裁が任命を拒否している調停委員、司法委員しかり。人権擁護委員、民生委員、児童委員、日本学術会議会員など「外国人はダメ」の一言で思考停止状態に陥っている人たちに再考を促している。

 公益社団法人自由人権協会のなかの「外国人の権利小委員会」が2010年以来分析、検討してきた成果をもとに補足、補充を加えた。田畑ブックレット(田畑書店、03・6272・5718)1400円(税別)。

(2017.8.2 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の最新ニュース
福岡で集中戸別訪問…全国か...
県内2000世帯 【福岡】民団中央本部は7日から15日までの9日間、福岡県全域の団員宅を対象に、2017集中戸別訪問活動を行って...
青年会のバトン次代へ…結成...
 青年会中央本部(朴裕植会長)は9月30と1日、東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターなどで結成40周年記念「在日青...
韓服に身を包み、語り、踊り...
 在日本大韓民国青年会(青年会)中央本部の結成40周年イベント「在日青年共育フォーラム」が1日までの2日間、都内で開かれた。初日...

MINDAN All Rights Reserved.