地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
韓国白菜栽培へ日高市で締結式…谷ケ市長立ち会い
生産者代表(左)に種を手渡す呉永錫会長
 東京の新宿韓国商人連合会(呉永錫会長)は25日、日高市の高麗高齢者農業生産集団(比留間俊夫集団長)との間で韓国白菜の栽培契約を正式に結んだ。締結式は同市役所で行われ、谷ケ照雄市長が立会人を務めた。また、駐韓国総領事館の李讃範総領事、地元民団埼玉本部から田  団長と景民杓常任顧問も駆けつけて見守った。

 契約書によれば高麗高齢者農業生産集団は新宿韓国商人連合会から韓国産種の提供を受け、過去最高の2万株を委託生産する。収穫物は新宿韓国商人連合会が「適正な価格」ですべて買い取る。 韓国産の種を使った白菜の試験栽培が始まってから4年目。今年は大根も試験的に栽培する。種は韓国から2種類計4000粒を持ち込み、日高の土壌に適した品種を見極める。

 新宿韓国商人連合会は白菜を会員が経営する新宿区内の大手スーパで産地直送品として売り出すほか、一部は「高麗王キムチ」に加工して日高市内でも販売する。地元関係者からは「来年から地元名産として巾着田曼珠沙華まつりの会場で売りだそう」との声も上がった。

 呉会長は「韓国白菜を通じて韓日友好が深まってほしい。食を通じて日高市との交流を継続していきたい」とあいさつした。民団埼玉の景常任顧問は「韓国産の種が日高の地で育つなんて、考えただけでも感無量だ」と語った。

(2017.8.30 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の最新ニュース
<平昌五輪>男子フィギュア...
子役出身の人気者…持って生まれた表現力 平昌五輪の開幕まで150日を切ったが、最も注目度の高い競技と言えばフィギュ...
核実験強行の北韓糾弾…団長...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワー...
暴挙中止へ立て…民団幹部ら...
 3日に強行された北韓の核実験に対し、民団中央本部は5日、朴相泓事務副総長を代表に、中央本部と東京本部、婦人会、青年会の幹部ら3...

MINDAN All Rights Reserved.