地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<関東大震災>大虐殺の隠ぺい許さぬ…警鐘込め12月9日に人権の集い
 民団中央本部(呉公太団長)は12月9日、「関東大震災虐殺を還みる追悼と人権の集い‐94年後の今も流言とジェノサイドは息を潜めているか‐」を開催する(主管、人権擁護委員会=李根廾儖長)。

 この集いは、関東大震災時の朝鮮人虐殺事実を隠ぺいしようとする歴史修正主義を糾弾するとともに、「ヘイトスピーチ対策法」が施行されたにもかかわらず、依然としてヘイトスピーチが横行し、ジェノサイド(集団殺りく)に拡大する憂慮について警鐘をならすことを目的にしている。

 まず6500人以上の朝鮮人が軍隊、警察、民衆に殺されたという歴史を、資料と証言で検証した映画「隠された爪跡」(83年、呉充功監督)を上映。その後、ノンフィクション作家の加藤直樹氏(『九月、東京の路上で』著者)、社会学者の明戸隆浩氏、民団中央本部の権清志企画調整室長によるヘイトスピーチ・クライムに関する鼎談が行われる。

 会場は在日韓国YMCA「スペースY」(東京都千代田区)で14時から。参加無料。問い合わせは生活局(03・3454・4916)。

 このほか、人権関連のシンポジウムは、民団鳥取県本部が11月11日14時からとりぎん文化会館で「永住外国人の人権と在日コリアンシンポジウム」を開く。また、同愛知県本部が11月28日18時から名古屋韓国学校で「人権シンポジウム‐関東大震災時の朝鮮人虐殺から考えること」を開催する。講師は作家の加藤氏と権企画調整室長。

 千葉県市川浦安支部は12月2日14時から市川男女共同参画センターで「ヘイトスピーチに関するシンポジウム」を実施予定。兵庫県本部は12月10日12時から同本部で「人権フェスタ兵庫解消法施行から1年半、何が必要か」を開く。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
韓日友好の懸け橋に…各地民...
 民団は各地で2018年の新年会を開催し、韓日の懸け橋役となって民間レベルの友好親善に尽くすとの決意を新たにした。関東 神奈川(...
新成人の門出祝う…夢の実現...
親子2代の参加者も 民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時...
在日関東地区忠清道民会新年...
 社団法人在日忠清協会(柳箕桓会長)は13日、東京・新宿区内のホテルで法人としての創立総会を兼ねた新年会(李玉順実行委員長)を開...

MINDAN All Rights Reserved.