地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
<民団愛知>未来見すえ前進誓う…創団70周年記念式典
韓服姿の朴茂安団長と組織功労者たち
 【愛知】民団愛知本部(朴茂安団長)は10月29日、名古屋市内のホテルに関係者400人を招き、創団70周年記念式典を開いた。大村秀章県知事をはじめ国会議員、県議、市議も多数お祝いに参席した。

 はじめに、朴団長が「これまで民団愛知の組織を護り、発展に導いてきた先人・諸先輩方への感謝の思いでいっぱいだ。これからの100周年に向け、韓日両国から必要とされ、信頼される組織づくりに向けてより一層尽力していく」と述べた。

 大村県知事は「両国の発展には民間レベルでのたゆまぬ交流が大事。これからも愛知県と韓国の友好交流をさらに発展させていきたい」と韓国語で述べた。

 民団中央本部からは林三鎬副団長が「これからも全国地方本部の模範としてがんばってほしい」と激励し、呉公太団長の祝辞を代読した。駐名古屋総領事館の鄭煥煥星総領事も「民団愛知は祖国に対する愛情のもと、物心両面で献身的に寄与してきた。今後も韓日両国間の交流・協力の拡大のため、邁進することを期待している」と祝辞を述べた。

 このほか、八木哲也衆議院議員(自民党)、伊藤渉衆議院議員(公明党)、赤松広隆衆議院議員(立憲民主党)、本村伸子衆議院議員(共産党)らがお祝いを述べた。

 席上、各支部の功労者ら39人に、朴団長が表彰状と記念品を贈った。お祝いに在日同胞の東亜紀さん(小学4年)による歌や婦人会春日井支部伽 舞踊団の舞踊、韓宇景歌謡ショーなどが披露された。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
韓日友好の懸け橋に…各地民...
 民団は各地で2018年の新年会を開催し、韓日の懸け橋役となって民間レベルの友好親善に尽くすとの決意を新たにした。関東 神奈川(...
新成人の門出祝う…夢の実現...
親子2代の参加者も 民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時...
在日関東地区忠清道民会新年...
 社団法人在日忠清協会(柳箕桓会長)は13日、東京・新宿区内のホテルで法人としての創立総会を兼ねた新年会(李玉順実行委員長)を開...

MINDAN All Rights Reserved.