地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
「済州4・3事件」遺族への支援金…追加申請を受付
 済州4・3事件真相究明及び犠牲者名誉回復実務委員会(委員長・元喜龍済州道知事)では、4・3事件法施行令の改正に依拠し、何らかの事情で、今までに申告できなかった犠牲者と遺族の生活を支援する「追加申告受付及び広報計画」を推進している。

 犠牲者または遺族が申告すると、同委員会による事実調査の後、条件を満たしている者は生活支援金が支給される。

 同委員会では特に海外同胞の中に未申告者が多く残っており、特に在日同胞に多くいると分析している。洪性洙副委員長を代表とした一行が1月下旬に日本を訪問。大阪と東京の済州道民会と遺族会をはじめ、駐日公館と民団中央本部などに協力を呼びかけている。

 対象者は1947年3月1日から54年9月21日までの間に「4・3事件」による死亡した者、不明者、または後遺症が残った者と受刑者が対象となる。

 遺族の場合は配偶者と直系尊属(両親など)、卑属(子・孫など)が対象だが、該当遺族がいない場合、兄弟姉妹などの傍系血族まで範囲を広げる場合もある。

 期間は今年12月31日まで。申請方法や提出書類などの問い合わせは、駐日韓国大使館・領事館または関東および関西の済州道民会まで。
(2018.02.06)
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
「青年会」80人が五輪会場...
 在日韓国青年会(朴裕植中央会長)の平昌五輪在日青年応援団80人は11日、江陵オーバルで行われたスピードスケート男子5000メー...
次期3機関長候補者…演説会...
 22日の第54回定期中央大会で選出される新3機関長にそれぞれ単独立候補している呂健二団長候補、朴安淳議長候補、梁東一監察委員長...

MINDAN All Rights Reserved.