地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
70年の歴史に幕引く 兵庫県伊丹市「中村」同胞集落
市民団体の企画したフィールドワークから
公営住宅入居が実現 強制徴用の史実どう残すか

 【兵庫】在日同胞の特殊な歴史的な背景をいまにとどめ、70年以上の歴史を重ねてきた「伊丹市中村地区」の地名が今春にも姿を消す。07年2月に南側隣接地に完成した第1期市営桑津住宅に住民50世帯が入居し、残る世帯も間もなく完成する第2期桑津市営住宅に移転するからだ。地元自治会の200回以上にわたる伊丹市との粘り強い交渉が実った。

 「伊丹市中村地区」は大阪国際空港の北西に接し、大阪空港の滑走路に食い込むようような形で残されている。広さは3・4ヘクタールと甲子園球場にほぼ匹敵する。このほとんどが国土交通省の所管する空港・河川用地の国有地で、現在も95世帯202人が暮らしている。

 70年、大阪万博開催に合わせて3000坦蠢路が完成すると、ジェット機の騒音がトタン屋根の粗末な住居を直撃した。歴史的経緯や人道上の配慮から上水道と電気、電話は供給されているが、中村地区だけは騒音対策から外れ、下水道も未だに未整備のまま。雨が降れば浸水する。ガスはプロパンガスだ。

 国に対し、中村地区自治会(中村地区移転対策委員会)では長年にわたって環境問題の改善を求めてきた。話し合いの末、自治会は01年に集団移転で合意した。翌年9月には国土交通省、兵庫県、独立行政法人空港周辺整備機構、伊丹市による中村地区整備協議会が発足し、自治会による本格的な交渉が始まった。

 6年間に及んだ交渉をまとめあげた自治会の丹山判同会長は9日、市民団体の企画した中村地区でのフィールドワーク席上、「伊丹市が国と一生懸命交渉してくれた。自治会の団結も早期解決につながった」と話した。一方、住民側には解放前、旧陸軍の空港拡張工事のために強制徴用されたという歴史事実まで忘れ去られることには抵抗感が残るようだ。

 同自治会の朱昭一副会長は「市営住宅に移り住んだ後も、中村地区で生きてきたという確かな歴史を後世に残していかなければならない。これが私たちの生きた証になる」と話す。

 解放直後の中村地区には行き場を失った住民200世帯約1000人が住み、養豚業や密造酒製造などで生活してきた。

(2008.1.16 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の最新ニュース
韓日友好の懸け橋に…各地民...
 民団は各地で2018年の新年会を開催し、韓日の懸け橋役となって民間レベルの友好親善に尽くすとの決意を新たにした。関東 神奈川(...
新成人の門出祝う…夢の実現...
親子2代の参加者も 民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時...
在日関東地区忠清道民会新年...
 社団法人在日忠清協会(柳箕桓会長)は13日、東京・新宿区内のホテルで法人としての創立総会を兼ねた新年会(李玉順実行委員長)を開...

MINDAN All Rights Reserved.