地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早ければ年内にも
合併協議の発表後、握手する呉龍夫横浜幸銀理事長(左)と梁炳玉岡山商銀理事長(6月28日)
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・岡山市)が資本基盤の強化を図るため、横浜幸銀信用組合(呉龍夫理事長、本店・横浜市)と合併協議を推進していくことを発表した。

 合併については韓信協の主体で以前から話を進めていたが、5月26日に開催された岡山商銀の理事会で合併協議を議決した後、今月23日の総代会で同協議の開始を承認した。

 今後、合併に向けて法律事務所、会計士、弁護士らと相談しながら進めていく。すでに金融庁、全国信用組合連合会、中・四国の財務局など、関連機関にも報告を終え承認を得ており、認可が決定すれば年内にも合併営業を開始する見込みだ。

 呉会長は「韓信協主導で合併を推進している。とくに遊技業など在日同胞社会の基幹産業が逆風を迎えている。韓信協会員組合の生き残り、また同胞企業へのサービス向上のための体力づくりが必要だ」と合併の必要性を強調しながら、「とくに岡山商銀の営業エリアの同胞を中心とした顧客へのサービス向上が図れるだろう」と合併によるプラス点を強調した。

 岡山商銀は1960年8月に創業して以来、57年間一度も合併をせずに地域同胞の金融機関として経営健全性の確保や内部統制の強化に努めてきたが、出資金の増強など多額の自助努力が限界に達しつつあった。

 梁理事長は「日銀のゼロ金利、マイナス金利政策以来、厳しさが増している。役員や理事と未来に向けて何がベターかを議論した結果、規模や経営内容などの点で横浜幸銀との合併が最善策と決断した」と経緯を述べた。

 今後、韓信協の主体の下、合併協議を進めていくが、[樵塙膂、役職員、民団関連機関の全面的な協力の確保強力なガバナンス体制の構築と人材不足の解消2山商銀の自助努力と資金支援を基本方針としていく。

 合併後、本店は現横浜幸銀信用組合本店とし、岡山商銀の本・支店は横浜幸銀の支店となる。両組合の合併が実現すれば、営業エリアはこれまでの関東、北陸、甲信越、九州の16県にあわせ岡山、鳥取、香川の3県が加わる。店舗数は28で預金高(今年5月末現在)は約3702億8000万円、貸出金は2596億1800万円となる。

(20176.29)
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の特集ニュース
<平昌五輪>男子フィギュア...
子役出身の人気者…持って生まれた表現力 平昌五輪の開幕まで150日を切ったが、最も注目度の高い競技と言えばフィギュ...
<平昌五輪>11月からの聖...
 11月1日から始まる平昌冬季五輪の韓国国内聖火リレーに全国17市・道や海外から7500人が参加することになった。20日、江原道...
<平昌五輪>オリンピックは...
隣接国で3連続は初めて多彩な文化交流計画 「今やオリンピックはアジアの時代だ」 昨年9月、平昌で初開催した韓日中3カ国スポーツ行...

MINDAN All Rights Reserved.