地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名簿出版…新幹社創立30周年記念
編著者の菊池英昭さん
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、外国人登録法改正運動に関わった日本の市民団体のメンバーら約100人が集まった。

編著者 構想から20余年

 高代表は「3年前病気をして社の幕引きも考えたが、在日の出版社として悔いのない仕事をしようと決めた」と述べた。

 節目の年に菊池英昭編著の『旧日本軍朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿』が発刊できたことについては、「この本を通じて反戦・平和につながると思う」と来場者に感謝を述べた。

 同書は旧日本軍の軍人・軍属としてアジア・太平洋戦争に動員された朝鮮人24万3992人のうち、死亡した約2万2千人の名簿だ。編著者の構想から20余年、制作に3年半かかった。韓日の不幸な歴史にスポットを当てた一冊だ。

 1部の記念講演会では、東京大学の外村大教授が「植民地朝鮮の徴兵制度」について、「1925年までは志願兵として募ったが、それ以降は徴兵対象にした。朝鮮人はなぜ日本のために戦争しなければならないのか、心に傷を負ったまま皇国臣民になることで朝鮮人への差別がなくなると考えた」と語った。「しかし、日本政府は戦後『国籍条項』で朝鮮人に対しては軍人恩給を支払わなかった。日韓条約でも徴用者について議論はあったが、謝罪と償いもなかった」と戦後処理ができていないと批判した。

 真宗大谷派南溟寺の戸次公正住職は「戦死者を記憶し訪うこと」と題して、「仏教者として日韓の歴史認識と和解について学んできた。昨今の誤った情報に基づいた嫌韓本やヘイトスピーチ、ネトウヨの存在は許されない。加害者としての戦争責任を考え、日韓に壁をつくるのではなく橋を架ける営みが大事だ」と強調した。編著者の菊池氏は「戦争をするのは国家、民衆は戦争が嫌いだ」と自身の詩を朗読した。

(2017.8.15 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の特集ニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
<平昌五輪>華やかに開幕…...
 平昌冬季五輪が9日、開幕した。韓国で五輪が開催されるのは1988年のソウル五輪以来30年ぶりで、冬季大会は初めてのこと。スポー...
金1号・林孝俊歓喜の雄叫び...
 平昌冬季五輪韓国代表チームの最初のメダルはやはり、ショートトラックの林孝俊(韓国体育大学)の金メダルだった。 林は10日、江陵...

MINDAN All Rights Reserved.