地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
<平昌五輪>11月からの聖火リレー…2018キロを7500人で
ギリシャから聖火を移送するキム・ヨナさん
 11月1日から始まる平昌冬季五輪の韓国国内聖火リレーに全国17市・道や海外から7500人が参加することになった。20日、江原道と平昌冬季五輪組織委員会が明らかにした。

 発表内容によると、聖火リレーランナーの総数7500人のうち、開催地の江原道からは約1100人が参加する。聖火リレーランナーの定員は、韓半島の平和を意味する南北の総人口7500万人に着目して定めた。リレー区間も五輪開催年を記念して2018劼棒瀋蝓△海里Δ噌掌尭擦龍茣屬鰐228劼任△襦

 五輪の聖火は10月24日、ギリシャのオリンピアで採火された後、ギリシャ国内を巡回し、31日に空路で仁川国際空港へ出発する。

 ギリシャから仁川空港への移送では元フィギュアの女王、キム・ヨナさんが聖火を運んでくる。

 聖火は仁川到着後、再び空路で済州に移送したあと国内リレーがスタート。全国を巡回しながら、来年1月21日に江原道の鉄原に入り、2月9日の開会式直前に平昌に到着する。

(2017.08.30 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の特集ニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
呉公太執行部6年…「ヘイト...
 呉公太執行部は22日に開かれる第54回定期中央大会で2期6年の任期を終える。2012年の就任から6年間の主な活動を振り返る。支...
呉公太団長インタビュー「6...
 呉公太団長に6年間の活動を振り返ってもらった。◆最も印象に残っている活動は? やはり支部巡回活動だ。自分が地方組織にいた時、中...

MINDAN All Rights Reserved.