地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
<韓国国体・忠北大会>サッカー3年ぶりV…在日同胞総合6連覇へ
3年ぶりの優勝を飾り、権五雄選手団長を胴上げする在日同胞イレブン(10月25日)
優勝を決めガッツポーズの在日同胞イレブンと選手団役員
 韓国国体・忠北大会6日目の25日、午前中に行われたボウリングの女子マスターズで在日の全栄香が見事、金メダルを獲得した。

 午後3時すぎに行われたサッカーの決勝で在日イレブンが在インドネシア同胞に3ー2で競り勝ち、3年ぶりに優勝カップを手にした。

 これで金メダルを5個とし、インドネシア同胞と並んだ。最後の種目、ゴルフは2ラウンドを終えて在日の女子が個人と団体戦でトッブを独走、最終日の26日、海外同胞の部、逆転総合優勝が濃厚となった。
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の特集ニュース
民団は何をめざすのか<中>
国籍は開放した帰還から定住…そして◆新規定住者は在日同胞ではなかった 民団は創団50周年を迎える1996年3月27...
文在寅大統領新年記者会見演...
安全で幸せな暮らしを文在寅大統領新年会見演説(要旨)「人中心の経済」を実践雇用改革を推進…革新成長へ第4次産業革命...
文在寅大統領の韓国 対日政...
「左派反日」のレッテルは間違い「対北」の協力は必然接点求める努力互いに  2018年は、昨年5月にスタートした文在寅政権が初めて...

MINDAN All Rights Reserved.