地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
<平昌パラ五輪>カーリング快進撃…「メガネ先輩」がアドバイス
快進撃を続ける車いすカーリングの韓国チーム
 車椅子カーリング混合チームの主将であり、スキップのソ・スンソク(47)が平昌五輪で銀メダルを獲得した女子カーリングチームのスキップである金恩禎(28)のアドバイスで予選リーグで連勝している。

 車椅子カーリングチームは10日、江陵カーリングセンターで行われた予選リーグ初戦、米国を7−3で快勝すると、続くロシア(NPA)との第2戦で延長戦の末に6−5で競り勝った。

 この日の試合を終えた徐順錫は「ロシア戦で、昨日、金恩貞選手が話していたことを思い出した」と語った。

 金恩貞の話していたこととは「氷の両方が少し違うよ。片方は(ストーンが)よく滑り、もう片方は比較的滑りにくい」とのアドバイスだ。

 徐順錫は前日の開会式で金恩貞と一緒に聖火を点火した。2人は聖火点火前、人々の目を避けるため待合室にいたが、金恩貞が試合を控えた車椅子カーリング代表のために多くのアドバイスをしたという。このアドバイスがチームの勝利に貢献した。

 メダルを狙う韓国チームの目標は、まず11試合ある予選リーグで7勝以上を収め、準決勝に進出することだ。

 韓国チームは、ロシア、ノルウェー、イギリス、スウェーデンの4チームを「難敵」と想定していた。このうち、ロシアとスウェーデンには勝利した。

 徐順錫は「予選リーグ中盤までは比較的格下相手だが、油断は禁物」としながら「ひとまず、目標としていた7勝を達成しムードが良い」と安堵の表情を見せた。

 韓国チームは14日現在、7勝2敗で2位を維持し、準決勝進出が見えてきた。
(2018.03.15 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
新大久保で「お散歩」鎮圧…「レ...
 「レイシストをしばき隊」の発足5周年を記念するトークイベントが18日、東京・渋谷のギャラリー銀河系で開かれた。しばき隊の呼びかけ人...
「民団70年史」発刊…足跡・記...
 創団70年の民団の歴史をまとめた書籍『民団70年史』(発行人=呉公太編纂委員長)が発刊された。B5版887ページ。 第1篇「民団7...
会長に金聖氏…学生会大阪総会
 【大阪】学生会大阪本部の新会長に金聖氏(大阪芸術大学2年)が就任した。毎月の定例行事と年に2回の全国イベントを通じて同胞学生の連...
その他の特集ニュース
21地方本部団長決まる…1...
神奈川・李順載氏 大阪は呉龍浩氏 民団の地方大会・委員会・総会が3月26日までに48地方本部のうち44本部で終了した。任期改選は...
<平昌パラ五輪>アイスホッ...
映画「私たちはソリに乗る」選手たちが「鑑賞」をアピール 平昌冬季パラリンピックの期間中、韓国情報の発信や選手支援の拠点として運営...
<平昌パラ五輪>脱北者の韓...
アイスホッケーの崔グァンヒョク選手アイス売り、列車転落、片足切断…悲惨な北韓逃れ夢果たす 平昌冬季パラリンピックに...

MINDAN All Rights Reserved.