地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 特集
<専門家座談会>張学錬弁護士
生活ケア最優先に

 /燭寮験莠埣賃里悗療彰垢良要性

 これまでの民団は、政治的な運動を目的とした団体であり、集団的な利益や権益擁護運動には取り組んできたが、個々の団員・同胞の生活面での問題については、十分に取り組んできたとは言えない。

 逆に総連はそういう面でのケアを互助的に行ってきて大きな組織力を維持していると言える。民団も同胞の生活に根付いた問題に取り組まないと、集団的・政治的課題に対する同胞の要求が薄れてきた今日、組織力低下に直結すると思われる。

 ∪験萍未任料輜静課題

 生活面でのあらゆる課題について、専門的視点からシステマティックに取り組めるような体制を整える。専門家による研究機関の設立や、専門家とのネットワーク立ち上げなどが求められる。

 生活面での課題を吸い上げ、汲み上げるための神経を隅々まで張り巡らせることが重要だ。そのほか、ニューカマーの組織化や財政基盤の大衆化などが挙げられる。

 生活面での個別的課題

 団員の立場に立った言葉、文化その他の教育を安価に受けられるようにする。

 差別問題や人権擁護法案への取り組みや、生活相談・経営相談・少年問題への取り組みを進めていく。

■□
プロフィール

張 学 錬弁護士 1963年京都市出身の在日3世。東京大学卒業。

(2007.1.1 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の特集ニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
<平昌五輪>華やかに開幕…...
 平昌冬季五輪が9日、開幕した。韓国で五輪が開催されるのは1988年のソウル五輪以来30年ぶりで、冬季大会は初めてのこと。スポー...
金1号・林孝俊歓喜の雄叫び...
 平昌冬季五輪韓国代表チームの最初のメダルはやはり、ショートトラックの林孝俊(韓国体育大学)の金メダルだった。 林は10日、江陵...

MINDAN All Rights Reserved.