地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 韓国ニュース
米大統領と電話会談…黄教安大統領権限代行
 黄教安大統領権限代行首相は1月30日午前、トランプ米大統領と電話会談を行い、北韓の核問題と韓米同盟の強化策などについて協議した。

 黄代行首相とトランプ大統領の電話会談は初めて。

 トランプ大統領は、韓米両国の閣僚などが北韓の核・ミサイル対応戦略などに対して引き続き緊密に協議していくことを提案し、「マティス米国防長官の訪韓を契機に、両国間の同盟の連合防衛能力強化と北の核問題への協力強化について緊密な協議が行われることを期待する」と述べた。さらに、「米国は韓半島問題において100%韓国の立場に立つ。韓米関係は過去のどんな時よりもよい」と伝えた。

 黄代行首相は「大統領のリーダーシップのもとで米国とアジア・太平洋地域、国際社会が大きく発展することを願う」と述べた。また、米新政権が韓米同盟の重要性を強調し、同盟発展に対する強力な意思を表明してきたことを高く評価し、「過去60年間、軍事・安保から経済・グローバルパートナーシップに至る包括的な戦略同盟に成長した韓米同盟をさらに強化させよう」と続けた。

 また、北韓が核・ミサイル能力を引き続き高度化させており、脅威が増している厳重な状況であるだけに、韓米間の緊密な協調と国際社会との協力を基盤とし、確固たる対応を通じて北韓の策略を変えていかなければならないと強調した。北韓が挑発を強行する場合には、韓米協調に基づく強力な対応が必要だと説明した。

 黄代行首相はまた、米国の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題について韓国側の立場を説明した。トランプ大統領は共感し、マティス国防長官の訪韓をきっかけに両国の関係当局が緊密に協力しようと伝えた。

(2017.2.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
<民団中央人権擁護委>「在日コ...
地方参政権・公務就任権など 今年11月に国連人権理事会における日本政府の第3回普遍的定期的審査(UPR)がジュネーブで実施されるが、...
最古の新聞?…「朝報」の実物発...
16世紀の5日分 『朝鮮王朝実録』の記録で言及されていた世界最初の新聞「朝報」の実物とされる文書が発見された。今までは1660年、ド...
文在寅大統領当選者への歓迎談話...
 在日本大韓民国民団は、すべての在日韓国人を代表して、第19代韓国大統領に「共に民主党」の文在寅候補が選出されたことを心から歓迎いた...
その他の韓国ニュース
李総理「統合」実現に尽力…...
 李洛淵国務総理が5日、就任後初の閣議を開き「率先して低姿勢で国民と意思疎通し、政府内部だけでなく国民との統合を実現する。各部署...
ソウル市 外国人用観光バス...
 ソウル市は6日から外国人専用の観光バス「KーTRAVEL BUS」の運行を始めた。1泊2日の日程で、同市から大邱・仁川・江原道...
釜山韓流ビッグイベント 今...
 大規模韓流イベント「釜山ワンアジアフェスティバル」が、今年も10月22日から31日まで、市内全域で開催される。食やファッション...

MINDAN All Rights Reserved.