地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 本部・支部ニュース
韓日両国の制度検討…大使館「選挙セミナー」主催
 駐日韓国大使館主催の第1回「韓・日選挙セミナー」が12月22日、「両国の選挙結果評価および制度改善方案」をテーマに東京・港区の韓国中央会館で開かれ、民団関係者ら約40人が参加した。

 はじめに一橋大学の只野雅人教授が、7月に行われた参議院議員選挙を通じて、日本の選挙制度をめぐる問題点について報告。はじめて導入された合区(4県)では、投票価値の不均衝が生じる問題や選挙権者拡大(18歳選挙権)に伴い、若者の住所をめぐる問題などについて指摘した。

 次いで壇国大学の賈尚欟擬は、4月に実施された韓国の第20代国会議員選挙の結果を踏まえながら、選挙区画定、政党の公認候補の問題、公職選挙法などの課題を報告。この後、東京経済大学の加藤一彦教授、日本情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道教授、駐日大使館の金大溢在外選挙官、聯合ニュース記者で東京大学客員研究員の金重培さんが加わり、両報告者に対する質疑応答を行った。

 質問は「韓国の地域主義の形態を一定程度、緩和するために今までどういう構想があったのか」など。「両国で普及しているSNSの世論への影響力やSNSによる世論誘導問題」などについても意見が交わされた。

 最後には参加者からの質疑も行われた。

(2017.1.1 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他の本部・支部ニュース
<第71回定期中央委員会>...
 民団の第71回定期中央委員会が15日、東京・港区の韓国中央会館で開かれ、在籍205人中155人が出席し、創団70周年の昨年1年...
民団組織の「未来創造」元年...
■□はじめに「同胞経済」活性化図る…価値観多様化に柔軟対応 北韓の暴走が止まらない。昨年9月に5回目の核実験を強行...
各分科委員会の報告
■□企画1李圭燮委員長 40人中33人出席。創団70周年で発信した「未来創造メッセージ」の提言を実践していく元年と位置づけ、1,...

MINDAN All Rights Reserved.