地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 本部・支部ニュース
民団地方委・総会
 ▽栃木(南四郎団長、3月29日=第67回)韓半島から徴用され、足尾銅山で亡くなった同胞の慰霊碑を建立する。引き続き地域住民との交流事業に力を入れていく。

 ▽新潟(李鐘海団長、3月27日=第53回)韓日友好・共生促進、次世代育成、組織強化が活動方針の柱。李団長は「韓日交流会を継続しながら市民レベルでの韓日交流の活性化と地域住民としての共生促進に努める」と強調した。

 ▽青森(趙重憲団長、3月28日=第53回)次世代育成事業は在日青少年夏季キャンプ及び青年ワークショプの充実化を図る。民族主体性確立に関する記念事業、韓日国際親善交流事業、同胞生活支援事業、同胞大統合の為の事業、傘下団体活性化事業などの継続事業では効率性の向上を図る。

 ▽山形(車壽鎔団長、3月27日=第23回)次世代育成のため「週末学校」を村山と鶴岡の2カ所に開校。ヘイトスピーチ根絶活動では、山形市川西町議会に提出した請願書が採択され、大きな反響を呼んだ。韓日友好親善活動でも県日韓協と協力して韓国文化公演とキムチ講習会を成功させた。

 日本人の若者もSNSで弘報を手伝った。

 ▽秋田(朴金芳団長、3月29日=第22回)空席だった監察委員長職に代行を務めてきた朴昭芳氏が正式に推挙された。任期は残余期間まで。創団70周年の今年は組織強化と活性化、および次世代育成を重点に取り組む。

 ▽大分(韓一男団長、3月31日=第64回)活動方針は支部の整備・活性化、後継者育成、団員サービスの充実化。

 ▽愛媛(梁一國団長、3月30日=第68回)韓日関係改善のために地方で尽力してきた。活動方針として戸別訪問、同胞慰霊事業、ウリマル常用など。

 ▽高知(鄭慶文団長、3月29日=第10回)韓日・日韓友好親善促進をめざし「高知韓国祝祭」と「韓国食文化紹介」を方針の柱に据えた。韓国伝統文化を紹介する「祝祭」は2013年から続く人気事業。「四万十平和の塔」慰霊訪問活動も継続。鄭団長は「組織・事業の維持と活性化を目標とする」と述べた。

(2017.4.12 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の本部・支部ニュース
福岡で集中戸別訪問…全国か...
県内2000世帯 【福岡】民団中央本部は7日から15日までの9日間、福岡県全域の団員宅を対象に、2017集中戸別訪問活動を行って...
青年会のバトン次代へ…結成...
 青年会中央本部(朴裕植会長)は9月30と1日、東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターなどで結成40周年記念「在日青...
韓服に身を包み、語り、踊り...
 在日本大韓民国青年会(青年会)中央本部の結成40周年イベント「在日青年共育フォーラム」が1日までの2日間、都内で開かれた。初日...

MINDAN All Rights Reserved.