地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
オリニ会で育んだ夢…金亜民さんが奈良県で教員合格
生駒市立壱分小の金亜民さん

 【奈良】在日韓国人3世の金亜民さん(25、生駒市)が、奈良県教育委員会の2011年度小学校教員採用試験に合格した。奈良教育大学教育学部で学び、同大学院在学中に教員採用試験に挑戦。教員になるのは中学生時代からの夢だったという。奈良県で外国籍者が教員として合格したのは金さんが2人目。父親の潤哲さんは現在、民団生駒支部の支団長を務める。

外国籍2人目…「違い尊重しあえる子に」

 採用は4月1日付。生駒市立壱分小学校(柳田富恵校長、児童数922人)に配属された。

 幼少時から生駒オリニ会(奈良・在日外国人保護者の会生駒主催)に通い、あたりまえに本名で過ごしてきた。奈良・在日外国人保護者の会のオリニサマーキャンプでは県内各地に散在する同胞の友だちに囲まれ、民族的アイデンティティを育んだ。

 大学生になっても「ゲストティーチャー」として近隣の学校を訪問して日本人の児童生徒たちと交流、また、出身のオリニ会にも関わり、教員になる夢をさらに強くしていった。

 修士論文のテーマは、「日本の学校におけるエスニック・マイノリティの教育者」。金さんは、「自身の出自をありのままに活かし、子どもたちが自尊感情を育み、一人ひとりのちがいを尊重しあい、自分も相手も大切にできる優しい気持ちを育てていきたい」と話す。

 柳田校長は、「金亜民先生には、なにごとにも動じない底力のようなものを感じています。教師の仕事は日々忙しい。心の切り替えをして自分自身の楽しみも見つけ、子どもたちと接していってほしい」と期待をかけている。

(2011.5.25 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
<民団中央人権擁護委>「在日コ...
地方参政権・公務就任権など 今年11月に国連人権理事会における日本政府の第3回普遍的定期的審査(UPR)がジュネーブで実施されるが、...
文在寅大統領当選者への歓迎談話...
 在日本大韓民国民団は、すべての在日韓国人を代表して、第19代韓国大統領に「共に民主党」の文在寅候補が選出されたことを心から歓迎いた...
隣国親善は相互国益…白眞勲参院...
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好...
その他の社会・地域ニュース
ヘイトスピーチ対策法施行1...
 「不当な差別的言動は許されない」とする「ヘイトスピーチ対策法」が施行されてから3日で1年が経過した。各NGOは3日に東京、4日...
日本初、世界韓食フォーラム...
「食の交流さらに深めて」 韓国政府が官民を挙げて推進している韓食(韓国料理)のグローバル化を目的に世界各国同胞の韓食業者と団体が...
ヘイトスピーチ「大きな一歩...
 「対策法」の成立に尽力した参議院法務委員会の与野党議員4人が2日、同議員会館で記者会見した。 自民党の西田昌司氏は「国会の意見...

MINDAN All Rights Reserved.