地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
オリニ会で育んだ夢…金亜民さんが奈良県で教員合格
生駒市立壱分小の金亜民さん

 【奈良】在日韓国人3世の金亜民さん(25、生駒市)が、奈良県教育委員会の2011年度小学校教員採用試験に合格した。奈良教育大学教育学部で学び、同大学院在学中に教員採用試験に挑戦。教員になるのは中学生時代からの夢だったという。奈良県で外国籍者が教員として合格したのは金さんが2人目。父親の潤哲さんは現在、民団生駒支部の支団長を務める。

外国籍2人目…「違い尊重しあえる子に」

 採用は4月1日付。生駒市立壱分小学校(柳田富恵校長、児童数922人)に配属された。

 幼少時から生駒オリニ会(奈良・在日外国人保護者の会生駒主催)に通い、あたりまえに本名で過ごしてきた。奈良・在日外国人保護者の会のオリニサマーキャンプでは県内各地に散在する同胞の友だちに囲まれ、民族的アイデンティティを育んだ。

 大学生になっても「ゲストティーチャー」として近隣の学校を訪問して日本人の児童生徒たちと交流、また、出身のオリニ会にも関わり、教員になる夢をさらに強くしていった。

 修士論文のテーマは、「日本の学校におけるエスニック・マイノリティの教育者」。金さんは、「自身の出自をありのままに活かし、子どもたちが自尊感情を育み、一人ひとりのちがいを尊重しあい、自分も相手も大切にできる優しい気持ちを育てていきたい」と話す。

 柳田校長は、「金亜民先生には、なにごとにも動じない底力のようなものを感じています。教師の仕事は日々忙しい。心の切り替えをして自分自身の楽しみも見つけ、子どもたちと接していってほしい」と期待をかけている。

(2011.5.25 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早...
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・...
その他の社会・地域ニュース
9月に納涼の夕…瀬戸市近隣...
 【愛知】瀬戸・尾張旭・長久手地区日韓親善協会は9月2日、瀬戸市のパルティせと5階アリーナで開く交流会「納涼の夕べ」への参加を呼...
原爆忌「慰霊歌」捧げ…広島...
 【広島】第48回韓国人原爆犠牲者慰霊祭が5日、広島平和公園内の韓国人原爆犠牲者慰霊碑前で執り行われた。民団広島県本部(李英俊団...
両国首脳シャトル外交早期に...
民間交流 政府の後押し必要民団は若い世代吸収に注力を 6月15日の韓日議員連盟の総会で与党「共に民主党」の姜昌一議員が新会長に就...

MINDAN All Rights Reserved.