地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
オリニ会で育んだ夢…金亜民さんが奈良県で教員合格
生駒市立壱分小の金亜民さん

 【奈良】在日韓国人3世の金亜民さん(25、生駒市)が、奈良県教育委員会の2011年度小学校教員採用試験に合格した。奈良教育大学教育学部で学び、同大学院在学中に教員採用試験に挑戦。教員になるのは中学生時代からの夢だったという。奈良県で外国籍者が教員として合格したのは金さんが2人目。父親の潤哲さんは現在、民団生駒支部の支団長を務める。

外国籍2人目…「違い尊重しあえる子に」

 採用は4月1日付。生駒市立壱分小学校(柳田富恵校長、児童数922人)に配属された。

 幼少時から生駒オリニ会(奈良・在日外国人保護者の会生駒主催)に通い、あたりまえに本名で過ごしてきた。奈良・在日外国人保護者の会のオリニサマーキャンプでは県内各地に散在する同胞の友だちに囲まれ、民族的アイデンティティを育んだ。

 大学生になっても「ゲストティーチャー」として近隣の学校を訪問して日本人の児童生徒たちと交流、また、出身のオリニ会にも関わり、教員になる夢をさらに強くしていった。

 修士論文のテーマは、「日本の学校におけるエスニック・マイノリティの教育者」。金さんは、「自身の出自をありのままに活かし、子どもたちが自尊感情を育み、一人ひとりのちがいを尊重しあい、自分も相手も大切にできる優しい気持ちを育てていきたい」と話す。

 柳田校長は、「金亜民先生には、なにごとにも動じない底力のようなものを感じています。教師の仕事は日々忙しい。心の切り替えをして自分自身の楽しみも見つけ、子どもたちと接していってほしい」と期待をかけている。

(2011.5.25 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の社会・地域ニュース
在特会元会長返り討ち…過去...
名誉毀損訴訟東京地裁判決差別扇動解消の規範に 在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長、桜井誠氏が有田芳生参院議員のツイッタ...
李大使の勇気忘れません…歓...
 民団中央本部主催の李俊揆駐日韓国特命全権大使歓送会が5日、都内のホテルで開かれ、首都圏の民団、婦人会役員ら200余人が出席した...
大使館「開天節」祝う…内外...
 駐日韓国大使館は3日、東京都内のホテルで「開天節」(建国記念日)と「国軍の日」(10月1日)を祝うレセプションを開いた。民団中...

MINDAN All Rights Reserved.