地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
<通信使ウオーク>誠心の道、思い一つに…延べ2600人参加
感激のゴールを日本隊の隊員と喜びあう朝鮮通信使副使役の韓棟基さん(中央)

ソウル〜東京 52日間

 ソウルを4月1日に出発した「第5次21世紀の朝鮮通信使 ソウル‐東京友情ウオーク」の韓・日ウオーカーが最終日の22日、神奈川・川崎市のJR川崎駅前からゴール地点である東京・日比谷公園までの約20舛鯤發、52日間の道程を終えた。ソウルから東京までの総参加者数は延べ2600人を超え、完歩者は韓国隊が8人、日本隊が21人(うち在日2人)だった。

 この日、川崎駅前を出発したデーリーウオークを含む約120人のウオーカーが多摩川にかかる六郷橋を渡って東京側に入ると、民団大田支部の盧幸一常任顧問ら日韓文化交流親善協会のメンバー12人が「2000船Εーク ご苦労様でした」のプラカードを掲げて出迎え、一部はその足でともに日比谷公園を目指した。品川からは東京日韓親善協会の保坂三蔵会長らも加わった。

 皇居を経由して隊列が日比谷公園にゴールすると、民団・婦人会東京本部、東京日韓親善協会連合会、川越唐人揃い実行委員会のメンバーら100余人が、韓日の小旗を振り、「ソウル〜東京ウオーク2000全新沺廚硫C破襪魴任押大きな歓声をあげた。大田支部のサムルノリメンバーも演舞で華を添えた。(実総歩行距離は1158繊

 ウオーク隊の中村進事務局長の「無事到着!」の掛け声とともに、報告集会が始まった。東京本部の金秀吉団長は「皆さんの行動力をバネにして、朝鮮通信使のユネスコ世界遺産登載を促進しよう」とあいさつ。保坂東京日韓協会長は「目標にひたすら向かう皆さんの姿勢に熱くなった。これこそ両国友情のあり方だ」と称賛した。

 隊員一同は、長い道程を助け合い、「誠心の交わり」を実践した。

 今回で5回目の完歩を果たした嶋文子さん(71)は「言葉がわからないながらも、韓国の人とは歩くうちに絆が深まり、意思疎通できるのがウオークの素晴らしさ。国交正常化50周年ということで取材も数多くあり、記憶遺産化に向けた手ごたえを感じた」と強調した。

 日本勤務経験があり、通訳の役目を果たしてきた韓国隊の崔英禹さん(77)は「東京まで歩くことができるとは思わなかった。通信使の熱い思いを体感できた」と感慨深げだった。

 日本隊の遠藤靖夫隊長は「朝鮮通信使がたどったゆかりの地を中心に、地域の祭りを活性化させるだけでなく、(朝鮮通信使)縁地連絡協議会に加盟してもらい、来年の世界遺産化ゴールに向けて歩き続けたい」と意欲を燃やしている。

 隊列はその後、都内での完歩祝賀パーティーに臨んだ。

(2015.5.27 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
地域社会へ貢献誓う…民団茨城7...
全国で12番目 【茨城】民団茨城本部(張仙鶴団長)は21日、水戸市内のホテルに民団関係者のほか国会議員、県議、自治体関係者など320...
その他の社会・地域ニュース
<プレスリリース>国連人権...
1.   2017年11月14日、国連人権理事会において日本政府に対する 第3回UPR審査(Universal Per...
<川崎市>ヘイトS水際で防...
 【神奈川】特定の人種や民族などへの憎悪をあおるヘイトスピーチの規制に絡み、川崎市(福田紀彦市長)は9日、市立公園や公民館などの...
「川越唐人揃い」パレード華...
 【埼玉】朝鮮通信使のユネスコ世界記憶遺産登録を祝う意味を込めた「第13回川越唐人揃い‐多文化共生・国際交流パレード」(同実行委...

MINDAN All Rights Reserved.