地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
<通信使ウオーク>誠心の道、思い一つに…延べ2600人参加
感激のゴールを日本隊の隊員と喜びあう朝鮮通信使副使役の韓棟基さん(中央)

ソウル〜東京 52日間

 ソウルを4月1日に出発した「第5次21世紀の朝鮮通信使 ソウル‐東京友情ウオーク」の韓・日ウオーカーが最終日の22日、神奈川・川崎市のJR川崎駅前からゴール地点である東京・日比谷公園までの約20舛鯤發、52日間の道程を終えた。ソウルから東京までの総参加者数は延べ2600人を超え、完歩者は韓国隊が8人、日本隊が21人(うち在日2人)だった。

 この日、川崎駅前を出発したデーリーウオークを含む約120人のウオーカーが多摩川にかかる六郷橋を渡って東京側に入ると、民団大田支部の盧幸一常任顧問ら日韓文化交流親善協会のメンバー12人が「2000船Εーク ご苦労様でした」のプラカードを掲げて出迎え、一部はその足でともに日比谷公園を目指した。品川からは東京日韓親善協会の保坂三蔵会長らも加わった。

 皇居を経由して隊列が日比谷公園にゴールすると、民団・婦人会東京本部、東京日韓親善協会連合会、川越唐人揃い実行委員会のメンバーら100余人が、韓日の小旗を振り、「ソウル〜東京ウオーク2000全新沺廚硫C破襪魴任押大きな歓声をあげた。大田支部のサムルノリメンバーも演舞で華を添えた。(実総歩行距離は1158繊

 ウオーク隊の中村進事務局長の「無事到着!」の掛け声とともに、報告集会が始まった。東京本部の金秀吉団長は「皆さんの行動力をバネにして、朝鮮通信使のユネスコ世界遺産登載を促進しよう」とあいさつ。保坂東京日韓協会長は「目標にひたすら向かう皆さんの姿勢に熱くなった。これこそ両国友情のあり方だ」と称賛した。

 隊員一同は、長い道程を助け合い、「誠心の交わり」を実践した。

 今回で5回目の完歩を果たした嶋文子さん(71)は「言葉がわからないながらも、韓国の人とは歩くうちに絆が深まり、意思疎通できるのがウオークの素晴らしさ。国交正常化50周年ということで取材も数多くあり、記憶遺産化に向けた手ごたえを感じた」と強調した。

 日本勤務経験があり、通訳の役目を果たしてきた韓国隊の崔英禹さん(77)は「東京まで歩くことができるとは思わなかった。通信使の熱い思いを体感できた」と感慨深げだった。

 日本隊の遠藤靖夫隊長は「朝鮮通信使がたどったゆかりの地を中心に、地域の祭りを活性化させるだけでなく、(朝鮮通信使)縁地連絡協議会に加盟してもらい、来年の世界遺産化ゴールに向けて歩き続けたい」と意欲を燃やしている。

 隊列はその後、都内での完歩祝賀パーティーに臨んだ。

(2015.5.27 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の社会・地域ニュース
「韓国と日本、写真で通じあ...
 平昌冬季五輪・パラリンピックの開催を控え、韓日交流写真展「韓国と日本、写真で通じ合う」(聯合ニュース・大韓民国歴史博物館・韓国...
<高麗博物館>寄贈品初の蔵...
 高麗博物館(東京・新宿区大久保)で蔵出し収蔵品展が開催されている。今年で開館17年を迎える同館としては初の試み。 主な展示物は...
北韓問題テーマ専門家招き分...
 慶應義塾大学(東京・港区)で11日、公開シンポジウム「北朝鮮を多角的に読み解く」が開催された。韓国国際交流財団との共催。 米国...

MINDAN All Rights Reserved.