地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
東京特派員10社と懇談…民団中央
 民団中央本部は1月31日、都内で今年最初の駐日韓国東京特派員との懇談会を持った。例年定期的に行われている会合で、今回は新聞社から東亜、京郷、毎日経済、中央、ハンギョレ、世界、ソウルの7社、テレビ局からMBC、SBSの2社、通信社から聯合ニュースの10社10人が參加した。民団からは呉公太団長と韓在銀監察委員長、林三鎬副団長、河政男事務総長ら6人が対応した。

 懇談では現在、韓日間で懸念されている「慰安婦合意」履行と釜山市の日本総領事館前に設置された少女像に関する民団の基本的見解に関する質問などを中心に始まった。呉団長は慰安婦問題について、「韓日間の誠実な『合意事項』の履行がなされるべきだ。韓日関係の悪化はあってはならない」と重ねて強調した。

 続いて、昨年の民団創団70周年記念事業の評価や、今年秋に結果が出ると予想される朝鮮通信使世界遺産登録をはじめとした韓日親善交流の展望など、幅広い意見交換の場となった。

 懇談の最後に幹事社の全宰號MBC特派員から「大変有意義な時間を持てた。今後もこうした機会を設けてほしい」との要望があり、呉団長が快諾した。

(2017.2.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他の社会・地域ニュース
<韓日外相>意思疎通強化で...
 尹炳世外交部長官は17日、20カ国・地域(G20)外相会合に出席するためドイツのボンを訪問し、岸田文雄日本外相と現地で約30分...
駐韓大使早期帰任を…呉中央...
 民団中央本部の呉公太団長は13日、任泰洙副団長とともに日本外務省を訪れ、岸田文雄外務大臣宛の要望書を、金杉憲治アジア大洋州局長...
東京弁護士会「抗議声明」…...
国籍について規定なし 東京地方裁判所が外国籍の司法委員候補2人の名簿登載を拒絶していたことがわかった。「(国籍にかかわらず)十分...

MINDAN All Rights Reserved.