地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
<川崎市民集会>ヘイト根絶へ条例を…超党派議員が呼びかけ
参加者270人でいっぱいとなった会場(市労連会館)
 【神奈川】2013年5月から昨年6月まで13回ものヘイトデモが繰り返された川崎市で「人種差別撤廃条例」の制定を求める市民集会が開催された。集会には国会議員、県議、市議15人が政党・党派を超えて参席。市民と「オール川崎」でヘイトスピーチ(憎悪扇動表現)の根絶をめざしていくことを誓った。

 元自民党参院議員で神奈川県日韓親善協会連合会会長兼川崎市日韓協会長の斎藤文夫氏は、「多文化共生の時代にヘイトスピーチは時代錯誤であり、日本の恥だ。根絶のために市長や関係者に善処を求めていく」と述べた。講演に立ったジャーナリストの安田浩一さんは「川崎の地で歴史を積み重ねてきた保守のすごみを感じた」と感想を語った。

 自民党国際局長の田中和徳氏は「法律ができてヘイトスピーチはいけないと明確になった。自治体で条例をつくるなどして解決していくのは私たちの使命」と強調。各市議からも「運動に勇気をもらった。日本初となる差別撤廃条例の制定へ働いていく」、「市議会の意志として超党派で取り組む」といった決意表明が続いた。

 ネットでヘイトの標的となり被害対策を訴えてきた崔江以子さんは、川崎市がヘイトスピーチを未然に防ぐガイドラインの策定に動き出したことを歓迎。さらに「人種差別撤廃」のための包括的な基本条例も制定してほしいと訴えた。

 集会は「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」の結成1周年を記念しての開催。会場は270人であふれかえった。民団神奈川本部からは金利中団長が参加した。

(2017.2.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
<民団中央人権擁護委>「在日コ...
地方参政権・公務就任権など 今年11月に国連人権理事会における日本政府の第3回普遍的定期的審査(UPR)がジュネーブで実施されるが、...
最古の新聞?…「朝報」の実物発...
16世紀の5日分 『朝鮮王朝実録』の記録で言及されていた世界最初の新聞「朝報」の実物とされる文書が発見された。今までは1660年、ド...
文在寅大統領当選者への歓迎談話...
 在日本大韓民国民団は、すべての在日韓国人を代表して、第19代韓国大統領に「共に民主党」の文在寅候補が選出されたことを心から歓迎いた...
その他の社会・地域ニュース
ヘイトスピーチ対策法施行1...
 「不当な差別的言動は許されない」とする「ヘイトスピーチ対策法」が施行されてから3日で1年が経過した。各NGOは3日に東京、4日...
日本初、世界韓食フォーラム...
「食の交流さらに深めて」 韓国政府が官民を挙げて推進している韓食(韓国料理)のグローバル化を目的に世界各国同胞の韓食業者と団体が...
ヘイトスピーチ「大きな一歩...
 「対策法」の成立に尽力した参議院法務委員会の与野党議員4人が2日、同議員会館で記者会見した。 自民党の西田昌司氏は「国会の意見...

MINDAN All Rights Reserved.