地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
<民団大阪>塚本幼稚園に抗議…保護者にヘイト文書配布
郵便受けに抗議文を投函する民団職員
 【大阪】学校法人森友学園が運営する塚本幼稚園幼児教育学園(籠池泰典園長、大阪市淀川区)が「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記した憎悪扇動文書を多くの保護者に向けて配布していた問題で、民団大阪本部(鄭鉉権団長)は2月24日、同園を訪れ、民族差別だと抗議した。

 籠池諄子副園長は韓半島にルーツを持つ保護者に対し、「心中韓国人と中国人は嫌いです。お母さんも日本に嫁がれたのなら日本精神を継承されるべきです」などと書かれた文書を送りつけた。保護者は強い衝撃と恐怖を覚え、子どもを退園させざるをえなかった。

 また、同園が昨年12月に配った保護者向け冊子では「(韓国の)心を引き継いだ人たちが日本人の顔をしてわが国に存在することが問題」と記載していた。

 一方、塚本幼稚園を強制的に退園させられた元園児を持つ別の保護者らがホームページを開設し、幼稚園の教育手法を批判するや、「投稿者は巧妙に潜り込んだ韓国・中国人等の元不良保護者であることがわかりました」と攻撃した。(この文書はすでに削除され、「外国人の方に対して誤解を招く表現があった」というお詫びの言葉に変更された)

 民団からは朴英哲副団長をはじめとする関係者6人が同園を訪れた。だが、面談できなかったため、抗議文を投函した。

 要求内容は保護者向けの説明会開催と、民族差別であることを認めたうえでの謝罪と再発防止のための人権教育研修の充実、および、在日韓国人や中国人に対する偏見を改め、公式の場で謝罪をすること。

■□
文書配布「不適切だった」
籠池園長が府教育庁に対策約束


 民団大阪本部は府教育庁も訪れ、行政指導を求める要望書を向井正博教育長に提出していた。朝日新聞によれば籠池園長は3日、府教育庁を訪れ、「よこしまな在日韓国人・支邦人」などと記した文書を配っていたことを不適切だったとして今後、コンプライアンス室を立ち上げて対策を取ると表明したという。

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の社会・地域ニュース
<民団東京本部>追悼辞見送...
 民団東京本部(金秀吉団長)は8月30日、新宿の東京都庁を訪れ、小池百合子都知事自ら横網町公園内に建つ「関東大震災朝鮮人犠牲者追...
語り継ぐ虐殺の記憶…各地で...
関東大震災から94年 1923年の関東大震災から今年で94年目。神奈川、千葉、埼玉、群馬の各地で民団や市民団体が追悼と慰霊の式典...
駐日新大使に李洙勲教授が内...
 文在寅大統領は8月30日、次期駐日大使に李洙勲・慶南大政治外交学科教授(62)を起用する人事を内定した。文大統領は各駐在国のア...

MINDAN All Rights Reserved.