地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
ヘイトスピーチ解消へ…渋谷区に対策呼びかけ
長谷部健区長(右)が啓発活動の充実を約束
 「ちがいをちからに変える街」を合い言葉に、条例で全国に先駆けて同性カップルを結婚に相当する関係として認めた東京・渋谷区でシンポジウム「シブヤ・ダイバーシティ会議2017」が開かれた。条例をさらに充実させ、ヘイトスピーチや排外主義などにも対応できるものにしていきたいと、推進団体「渋谷・新ダイバーシティ条例推進協議会」(長島結代表)が呼びかけた。区議と区民ら150人で満席となった。

 区が性的少数者(LGBT)の権利を保障し、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する条例を制定したのは15年。16年10月には人種、性別、年齢、障害を超えて多様性が尊重される新基本構想「ダイバーシティ条例」を策定した。

 冒頭、基調講演を行った長谷部健区長は、「多様な個人が尊重される社会」の実現を訴え、ヘイトスピーチ(憎悪扇動表現)については「表現の自由をかたった人権侵害」と啓発活動の充実を約束した。ただし、条例の改正には時間がかかるとして「開かれたプロセスで区民の意見を集める」と答えた。

 続いてのシンポジウムでは、渋谷区でもヘイトデモ・街宣が起きていることからダイバーシティ条例のさらなる充実を求める声が各パネリストから相次いだ。

 師岡康子弁護士は「人種差別撤廃条約における条約上の義務は国だけでなく、地方公共団体も負う」と述べ、実効性のある施策のために条例を作ることが求められていると強調。いますぐにできることとして、ヘイトデモ・街宣の主宰者には公共施設を貸さないよう求めた。政治学者で高千穂大学教授の五野井郁夫さんは、住みやすい渋谷をつくるため、陳情と請願で区民の声を直接、区政に届けることは重要と呼びかけた。

 会場で傍聴していた河貴明さん(婦人会東京本部会長)は「国の対策法ができたが、罰則もなく、まだまだ不十分。ヘイトスピーチを許さない実効性のある条例をつくってほしい」と会場の議員に向かって切々と訴えた。

 渋谷・新ダイバーシティ推進協議会は16年12月に発足。長島代表が長谷部区長と面会し、シンポジウムへの出席と条例化への理解を訴えてきた。目標は東京オリンピック・パラリンピックの開かれる20年。長島代表は「渋谷は自分が生まれ育った街。絶対あきらめない」と意欲を燃やしている。

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
<大統領選挙>在外選挙投票は4...
大統領選挙投票日は5月9日在外選挙投票は4月25日から6日間 第19代大統領選挙の投・開票日が5月9日に確定した。 在日同胞をはじめ...
<江戸川>公共施設の利用制限…...
「対策法」趣旨踏まえ…東京都内で初 2016年5月の「ヘイトスピーチ対策法」の成立を受け、東京・江戸川区が同年の第4回...
<大統領選挙>日本の在外投票所...
全国民団で投票呼びかけ 第19代大統領選挙にともなう在外選挙人登録は30日に締め切られる。民団では25、26日の「集中登録日」を中心...
その他の社会・地域ニュース
日本の登録3万8千人…大統...
 5月9日に実施される第19代大統領選挙の在外選挙人などの申告・申請者数が、3月30日に締め切られ、過去最高の29万4633人に...
外国人差別実態初の包括的調...
 日本法務省は3月31日、国内に住む外国人1万8500人を対象にした差別実態の包括的な調査の結果を発表した。こうした調査は地方自...
ヘイトスピーチ初認定…大阪...
 【大阪】ヘイトスピーチ対処条例に基づき、被害者からの申告内容が特定の民族や人種への差別をあおる行為にあたるかどうかを調査してき...

MINDAN All Rights Reserved.