地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
日本の登録3万8千人…大統領選挙の在外選挙人
 5月9日に実施される第19代大統領選挙の在外選挙人などの申告・申請者数が、3月30日に締め切られ、過去最高の29万4633人に達したことがわかった。4月10日に、中央選挙管理委員会が確定数字を発表した。

 この数字は在外選挙権者197万余名の15%水準と推定され、前回の第18代大統領選挙の在外選挙人の登録数22万2389人に比べ32・4%増、第20代国会議員選挙の在外選挙人登録数15万4217人に比べ91・1%増加したことになる。

 公館別では、駐日韓国大使館が1万5807人で175カ国公館中で最も多く、ニューヨーク総領事館、ロサンゼルス総領事館と続く。国家別では、米国が6万8244人、中国が4万3912人、日本は3万8009人。5年前の大統領選挙の日本の選挙人登録数は3万7342人だった。

 在外選挙人の申告・申請期間が、前回の大統領選挙の91日よりも70日も短い21日にもかかわらず、在外有権者の参与が増えたのは、1,大統領選挙に対する高い関心,2インターネットによる申告・申請と永久名簿制の導入などの投票参与方法の拡大3,22の公館に派遣した在外選挙官の積極的な活動4,テレビ・ラジオ・CM放映、仁川空港でのバナー設置と広報映像上映、航空会社の機内広告、YOU‐TUBE、グーグル、フェイスブック活用などが作用しているとみられている。

 16日に立候補者が確定すれば、日本の16カ所の投票場に候補者名のハングル表記のほか、漢字表記でも案内する予定だ。

(2017.4.12 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の社会・地域ニュース
在特会元会長返り討ち…過去...
名誉毀損訴訟東京地裁判決差別扇動解消の規範に 在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長、桜井誠氏が有田芳生参院議員のツイッタ...
李大使の勇気忘れません…歓...
 民団中央本部主催の李俊揆駐日韓国特命全権大使歓送会が5日、都内のホテルで開かれ、首都圏の民団、婦人会役員ら200余人が出席した...
大使館「開天節」祝う…内外...
 駐日韓国大使館は3日、東京都内のホテルで「開天節」(建国記念日)と「国軍の日」(10月1日)を祝うレセプションを開いた。民団中...

MINDAN All Rights Reserved.