地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
大使館「開天節」祝う…内外関係者1400人が交流推進を再確認
 駐日韓国大使館は3日、東京都内のホテルで「開天節」(建国記念日)と「国軍の日」(10月1日)を祝うレセプションを開いた。民団中央本部の呉公太団長、呂健二議長、韓在銀監察委員長をはじめ、東京本部など首都圏の民団や婦人会幹部のほか、日本の政界関係者や各国外交官ら約1400人が出席した。

 李俊揆大使はあいさつで「就任後15カ月間、韓日両国民が心を開き、友愛によってベストフレンドになれるようにと、日本全国を回って来た。1965年の国交回復以来、韓日関係は浮き沈みがあったが、65年当時年間1万人の往来が、今や毎日約3万人に達している。来年は韓日が友好交流を推進する重要な道しるべになった金大中大統領と小渕恵三首相が結んだ『韓日パートナーシップ』20周年だ。両国は歴史的にも文化的な価値観を共有するパートナーとして、明るい未来が見えている」と述べた。その上で、「北韓の核やミサイル問題に対しても、この地域の脅威に立ち向かい、安定させるために両国の協力が必要だ」と強調した。

 東京本部の金秀吉団長は「昨年よりもはるかに多い出席者を見ると、北韓の挑発に韓日が連帯しなければならないという意識の高まりを感じる」と述べた。栃木県本部の崔龍治団長は「建国記念日にちなんで国の成り立ちについて触れてほしい」と望みながらも、「平和に対する韓日の共通した思いが、これほどの来場者につながり、両国民の絆が深まる契機になった」と語った。

 民主平統東部協議会の文春子諮問委員は「韓国が発展を遂げたからこそ、各国の大使らも集まり、わが国の国慶節を祝ってくれた。国を誇らしく感じる」と喜んだ。東京台東日韓親善協会の安藤敏子会員は「地域で民間レベルの日韓交流を続けているが、そのような和気あいあいの雰囲気が、国家間にもつながってほしい」と思いを託した。

 「開天節」レセプションは全国の韓国総領事館でも開催された。

(2017.10.11 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の社会・地域ニュース
在特会元会長返り討ち…過去...
名誉毀損訴訟東京地裁判決差別扇動解消の規範に 在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長、桜井誠氏が有田芳生参院議員のツイッタ...
李大使の勇気忘れません…歓...
 民団中央本部主催の李俊揆駐日韓国特命全権大使歓送会が5日、都内のホテルで開かれ、首都圏の民団、婦人会役員ら200余人が出席した...
横浜幸銀と岡山商銀が11月...
 横浜幸銀信用組合(呉龍夫理事長、本店・横浜市)と岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・岡山市)は9月29日、それぞれ臨時総代会...

MINDAN All Rights Reserved.