地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
李大使の勇気忘れません…歓送会で呉団長が謝辞
歓送会のお礼を述べる李大使とそのご家族
 民団中央本部主催の李俊揆駐日韓国特命全権大使歓送会が5日、都内のホテルで開かれ、首都圏の民団、婦人会役員ら200余人が出席した。最初に李大使が昨年7月に赴任してから今日までの活動を映像で振り返った。熊本地震で被災地の同胞を慰労する姿や民団の創団70周年記念式を祝福するなど、常に民団とともにある姿が、改めて紹介された。

 呉公太団長は歓送辞で「年初に民団の代表として、慰安婦少女像問題について所信表明した際、本国世論の攻撃が殺到する最悪の事態にもかかわらず、李大使は韓日両国の関係改善と在日同胞の生活を心配し、果敢にはっきりと自身の考えを明らかにされた。その勇気と温情に感謝する」と謝辞を述べた。

 李大使は答辞で「今日の午後、明仁天皇にお別れのあいさつをした。天皇は9月20日に高句麗ゆかりの高麗神社を訪問された。李洛淵国務総理が天皇訪韓を望む発言をしたが、私もそのように要望した」と明らかにした。さらに「韓日関係は、新政府樹立で両首脳のシャトル外交合意もされ、文在寅大統領の訪日もなされるだろう。両国間の雰囲気は変わると思う。在日社会は世代交代が進む中で厳しい面もあるが、先日の青年会の40周年記念行事共育フォーラムに参加して、明るい未来も感じた。私は40年の公職にピリオドを打つが、駐日大使経験者として、今後も在日同胞のために、韓日友好親善のために働く義務がある。そのためにはどんなことも実行することを約束する」と強調した。

 呉団長から記念品が贈られた後、東京本部の金秀吉団長が「常に情熱をもって行動された李大使を忘れない。健勝をお祈りする」と乾杯の音頭を取った。李大使は「私に民団の名誉団員の資格を与えてほしい」と答え、会場内を沸かせた。

(2017.10.11 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の社会・地域ニュース
在特会元会長返り討ち…過去...
名誉毀損訴訟東京地裁判決差別扇動解消の規範に 在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長、桜井誠氏が有田芳生参院議員のツイッタ...
大使館「開天節」祝う…内外...
 駐日韓国大使館は3日、東京都内のホテルで「開天節」(建国記念日)と「国軍の日」(10月1日)を祝うレセプションを開いた。民団中...
横浜幸銀と岡山商銀が11月...
 横浜幸銀信用組合(呉龍夫理事長、本店・横浜市)と岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・岡山市)は9月29日、それぞれ臨時総代会...

MINDAN All Rights Reserved.