地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
<中央団長談話>両国の懸け橋に…「朝鮮通信使」世界遺産
 本日、朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産登録という朗報を受け、この歴史的な瞬間に立ち会えたことを私たちは大変嬉しく思います。

 また、紆余曲折ありながらも協力し合い精力的にこの活動を推進してこられた関係者の方々に心から感謝を申し上げます。

 この活動は、韓日両国の2つの民間団体が中心となって進められました。本団は日本側のNPO法人「朝鮮通信使縁地連絡協議会」の一員として協力して参りました。また本団地方本部においては、地域社会で開催される国際イベントで朝鮮通信使の再現をおこなうなどして異文化理解と交流の重要性を日本の皆さまと共に唱えて参りました。

 しかしながら、この活動の高まりを見る一方で、日本ではヘイトスピーチ、そして韓国では従軍慰安婦問題が再燃するなど記憶遺産登録の活動を推し進めていく上で、両国の厳しい世論の変化を意識せざるを得なかったことも事実でした。

 このような状況で進められた記憶遺産登録活動は、韓国と日本の文化交流がもたらした111件333点もの記録の平和的価値を強調したことに加え、韓日両国の共同申請ということが私たち在日韓国人にとって大変嬉しいことでした。

 朝鮮通信使の記憶遺産登録は、17世紀から19世紀の韓日両国の交流の足跡を知るだけのものではなく、日本の朝鮮通信使への対応および異文化に対する相互理解と憧憬を知る貴重な資料でもあります。

 すなわち、現在の韓国と日本に一番求められている視点なのではないかと思います。

 本日より、朝鮮通信使関連記録を世界の宝として保存管理していかねばなりません。本団はその一翼をしっかりと担いながら、今後も韓国と日本の懸け橋の役割を積極的に果たしていきたいと思います。

 また今回の朝鮮通信使の記憶遺産登録が、韓国と日本の新たな友好時代の幕開けに繋がることを強く願います。

 2017年10月31日
在日本大韓民国民団中央本部団長呉公太

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
地域社会へ貢献誓う…民団茨城7...
全国で12番目 【茨城】民団茨城本部(張仙鶴団長)は21日、水戸市内のホテルに民団関係者のほか国会議員、県議、自治体関係者など320...
その他の社会・地域ニュース
<プレスリリース>国連人権...
1.   2017年11月14日、国連人権理事会において日本政府に対する 第3回UPR審査(Universal Per...
<川崎市>ヘイトS水際で防...
 【神奈川】特定の人種や民族などへの憎悪をあおるヘイトスピーチの規制に絡み、川崎市(福田紀彦市長)は9日、市立公園や公民館などの...
「川越唐人揃い」パレード華...
 【埼玉】朝鮮通信使のユネスコ世界記憶遺産登録を祝う意味を込めた「第13回川越唐人揃い‐多文化共生・国際交流パレード」(同実行委...

MINDAN All Rights Reserved.