地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
行基菩薩の実践に学ぶ… 民団生駒 「多文化共生の先頭に」
出演者全員が舞台に立ったフィナーレ
伝統文化公演で

 【奈良】「韓国伝統文化公演インいこま『歴史の風』」(民団生駒支部主催)が12月23日、生駒市南コミュニティセンターせせらぎ大ホールで開催され、会場は400人で満席となった。同事業は「奈良県多文化共生・国際化推進モデル事業」に採用された。

 1部は奈良時代の渡来系僧侶・行基を取り上げた。行基は福祉やボランティアの先駆者として知られる。民団生駒支部が「行基菩薩を慕う心」をアピールしたのは「来年の生誕1350年を前に、福祉、ボランティア・多文化共生事業の元祖ともいうべき行基菩薩に学び、地域の交流と共生の先頭に立ちたい」(金富潤支団長)という決意の表明でもある。

 第1部は歴史地理学者の千田稔・県立図書情報館長が「行基菩薩を慕う心」と題して講演。第2部は韓国から来日した印南順韓国伝統文化院長ら17人が宮中舞踊などを披露した。地域の郷土芸能を次世代に伝える地元生駒山麓太鼓保存会も25人が迫力ある太鼓の音を響かせた。フィナーレでは全員で「アリラン」を合唱し、会場が一体感に包まれた。

 山麓太鼓保存会の代表は「今後も韓国との交流を続けたい。」と語った。

 家族で来たある同胞は「我々の国にこんな誇らしい文化があることを初めて知った」と語った。

 公演終了後、今後の多文化共生、日韓親善友好事業での民団の役割への期待の声と来年度以降の『歴史の風』開催を期待する声が相次いだ。
(2018.01.01 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
新大久保で「お散歩」鎮圧…「レ...
 「レイシストをしばき隊」の発足5周年を記念するトークイベントが18日、東京・渋谷のギャラリー銀河系で開かれた。しばき隊の呼びかけ人...
「民団70年史」発刊…足跡・記...
 創団70年の民団の歴史をまとめた書籍『民団70年史』(発行人=呉公太編纂委員長)が発刊された。B5版887ページ。 第1篇「民団7...
会長に金聖氏…学生会大阪総会
 【大阪】学生会大阪本部の新会長に金聖氏(大阪芸術大学2年)が就任した。毎月の定例行事と年に2回の全国イベントを通じて同胞学生の連...
その他の社会・地域ニュース
人気集めた「フードポリス」...
 中食・外食業界の業務用専門展「FABEX(ファベックス、デザート・スイーツ&ベーカリー展)」が13日までの3日間、東京ビッグサ...
第17回韓国商品展示・商談...
 第17回韓国商品展示・商談会が19日までの2日間、東京国際フォーラムで開かれた。 今年は韓国貿易協会のほか、京畿道、江原道、慶...
創立40周年の東京青商…新...
 創立から満40周年を迎えた東京韓国青年商工会(朴永鎮会長)が14日、都内のホテルで第41期定期総会を開催した。 会場に来賓、地...

MINDAN All Rights Reserved.