地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
インターネットヘイト…国レベルの対応を大阪市が要望へ
 【大阪】インターネット上のヘイトスピーチを抑止するため、サイト運営者から投稿者の氏名などを取得して公表できる条例の制定について諮問した大阪市に対し、市ヘイトスピーチ審査会(会長・坂本茂樹同志社大学法学部教授)は17日、「地方公共団体ではなく、国レベルの法律による対応が必要だ」と答申した。

 理由は表現の自由を定めた憲法や電気通信事業法に違反するためだという。被害者の権利回復のため、大阪市が投稿者に関する必要情報をプロバイダーなどから任意に提供してもらい、被害者に提供するとしても、地方公共団体レベルでは対応に限界があり、実効性が期待できないとしている。

 代案としてはプロバイダーから自治体に情報が提供されるよう、電気通信事業法に特例を創設することを国に働きかけるか、被害者が訴訟を起こしたとき、プロバイダーに投稿者情報の保存を義務づけるなどを盛り込んだ。大阪市は答申を尊重し、国に要望する意向を明らかにした。

(2018.1.31 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の社会・地域ニュース
ユネスコ「世界の記憶」登録...
 【静岡】江戸時代の外交使節・朝鮮通信使のユネスコ「世界の記憶」登録を祝うイベントが4日、通信使ゆかりの清見寺(静岡市清水区)で...
在日1世ハルモニ直伝キムチ...
同胞集住地で10年目 【神奈川】在日同胞の集住地、川崎市川崎区の川崎市立さくら小学校(濱田浩一校長、440人)で1月31日、6年...
<韓国文化院>平昌冬季五輪...
 【長野】長野から世界に向けて平和の灯りを発信していく冬祭り「長野灯明まつり」(同実行委員会主催)のオープニングセレモニー会場と...

MINDAN All Rights Reserved.