地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 在日同胞生活相談
<国籍>韓国人と日本人が結婚した場合の子どもの国籍は?
私は在日韓国人ですが結婚を約束した日本人がいます。将来、結婚して子どもが生まれた場合、国籍はどうなりますか。二重国籍という話は聞いたことがあるのですが、いずれどちらか一つを選択しなければならないとも言われました。韓国と日本の国際結婚で生まれる子どもの国籍について、詳しく教えてください。

【回答】

日本の国籍法(日本法)は子の出生時に両親のどちらかが日本国民であれば、その子に日本国籍を認めています。これを父母両系血統主義といいます。韓国の国籍法(韓国法)も同様に父母両系主義であり、両親のどちらかが韓国国民であればその子に韓国国籍を認めています。

このため、父が韓国国籍で母が日本国籍、逆に父が日本国籍で母が韓国国籍のいずれの場合においても、子は韓国国籍と日本国籍の両方が認められる二重国籍者となります。なお、韓国法では複数国籍という文言が用いられています。

ただし、二重国籍は生涯にわたり認められるわけではありません。日本法は外国国籍と日本国籍を有する人は22歳に達するまでに、20歳に達した後に二重国籍になった場合は、その時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならないと定めています。

韓国法も原則として日本法と同様に定められていますが、兵役義務との関係で男子については満18歳になる年の3月31日までに、または兵役の解消後2年以内に国籍選択をしなければなりません。

韓国国籍または日本国籍のいずれも選択しなかった場合について、日本法は国籍を選択するよう法務大臣が催告でき、催告を受けた日から1カ月以内に日本国籍を選択しない場合には日本国籍を喪失すると定めています。ただし、刊行物を見る限り、法務大臣が国籍選択催告をした例は見当たりません。

韓国法も期間内に国籍を選択しない者に対し、法務部長官が国籍選択命令を発し、従わない場合には、韓国国籍が喪失されると定めています。ただし、現時点では日本に居住する複数国籍者に対しては、選択命令を発しないという運用がなされています。

日本法の選択催告も韓国法の選択命令も厳格に運用されてはいないようですが、将来的に変更される可能性がありますので、十分な注意が必要です。
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の在日同胞生活相談ニュース
<不動産>国外での利益や所...
日本在住の韓国籍の者ですが、韓国に所有していたオフィスビルを売却しました。このように日本国外で国外財産を売却して得た利益や国外で...
<不動産>韓国にある土地の...
済州道に私の名義の土地があります。この10年ほどは、韓国にいるいとこが税金を払いながらこの土地を使用していました。つねづね気にか...
<不動産>会社名義の部屋に...
会社の経営者の名義で契約をした部屋にある社員を住まわせていました。その後、建物の家主が代わったのですが、部屋に住まわせていた社員...

MINDAN All Rights Reserved.