地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 在日同胞生活相談
<不動産>国外での利益や所得は、日本でも申告が必要?
日本在住の韓国籍の者ですが、韓国に所有していたオフィスビルを売却しました。このように日本国外で国外財産を売却して得た利益や国外で得た所得について、日本で申告する必要がありますか? 当該国で既に税金を払っている場合でも、日本でも税金を払うのでしょうか? また、どの国にある財産についても、すべて申告しなければならないものでしょうか?

【回答】

まず、あなたが納税義務者に該当するか否かを判断する必要があります。日本では資産(財産)を売却して所得(利益)が生じた個人が所得税の納税義務者の場合は所得税が課されます。

所得税の納税義務者は居住者と非居住者に分類され、居住者はさらに非永住者と非永住者以外(永住者)に分類され、その分類に応じて課税範囲が異なります。(「居住者」とは、日本国内に「住所」を有し、または現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人をいいます。「住所」は、「個人の生活の本拠」をいい、「生活の本拠」かどうかは「客観的事実によって判定する」ことになります)

納税義務者の分類ごとの課税範囲は次のとおりです。

・非永住者以外の居住者は、所得が生じた場所が日本国の内外を問わず、そのすべての所得に対して課税されます。

・居住者のうち日本国籍がなく、かつ過去10年以内に、日本国内に住所または居所を有する期間の合計が5年以下である個人を非永住者といいます。非永住者は、国内において生じた所得(国内源泉所得)と、これ以外の所得(国外源泉所得)で日本国内において支払われたもの、または日本国内に送金されたものに対して課税されます。

・居住者以外の個人を非居住者といいます。非居住者は、日本国内において生じた所得(国内源泉所得)に限って課税されます。

以上のことから、質問者の方が非永住者に該当する場合には、国外財産を国外で売却した所得については課税されません。質問者の方が非永住者以外の居住者に該当する場合には、国外財産を国外で売却した所得についても課税されます。

さて、非永住者以外の居住者は、所得が生じた場所が日本国の内外を問わず、そのすべての所得に対して課税されるため、国外で納付もしくは徴収された税金がある場合には二重課税になってしまいます。この国際的な二重課税を調整するために、一定額を所得税の額(一定の場合には、所得税の額および復興特別所得税の額)から差し引くことができます。これを外国税額控除といいます。ただし、二重課税分の全ての額が差し引かれない場合もあります。その計算については煩雑なため、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。
 
最も多く読まれているニュース
隣国親善は相互国益…白眞勲参院...
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好...
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
<大阪高裁>在特会に賠償命令…...
 【大阪】在日韓国・朝鮮人排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から差別的な発言を受けたとして、在特会と桜井誠元会長に...
その他の在日同胞生活相談ニュース
<不動産>韓国にある土地の...
済州道に私の名義の土地があります。この10年ほどは、韓国にいるいとこが税金を払いながらこの土地を使用していました。つねづね気にか...
<不動産>会社名義の部屋に...
会社の経営者の名義で契約をした部屋にある社員を住まわせていました。その後、建物の家主が代わったのですが、部屋に住まわせていた社員...
<国籍>一般永住者が帰化す...
私は日本で韓国語学校の講師としてしばらく働いたのちに、日本人男性と結婚し一般永住権を得た韓国人女性です。日本人の夫を得たこともあ...

MINDAN All Rights Reserved.