地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 次世代情報コーナー
<学生会>KSJWで同胞仲間の連帯確認…共通テーマで討論も
肩を組み合うKSJW参加者たち
 在日韓国学生会(奇龍寿中央本部会長)主催の「KSJW2017」が2月21日から24日まで長野県の野麦峠近郊で開かれた。同胞大学生55人が参加、「繋げよう!〜未来にかける勇気の架け橋〜」をテーマに、スノボーや映画「パッチギ」の鑑賞、班別討論などで連帯を深めた。

 勉強会では、学生会結成に関わった民団中央本部の権清志企画調整室長が、学生会の必要性と同胞交流の意義について語った。また、学生時代から同胞サークルに関わってきた民団新聞の翕恩副局長が、80年代の外国人登録法改正運動と現在の反ヘイトスピーチを説明した。

 学生らの自由討論では、国籍や民族、本名と通名、就職や結婚など、同胞学生が直面するテーマが多かった。日本の国籍法が改訂された85年以降の世代のため、韓国籍もいれば、日本国籍も二重国籍もいたが、「国籍は違っても、韓半島にルーツをもつ共通項を大切に、学生会で知り合った仲間との友情を一生続けたい」との声が圧倒的だった。

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の次世代情報コーナーニュース
<青年会>過去から未来を展...
 青年会中央本部(朴裕植会長)は結成40周年行事「在日青年共育フォーラム2017」を2日間にわたって東京都内で開催する。3日、東...
平昌冬季五輪に応援団…在日...
 青年会中央は江原道平昌郡で来年2月に開催される冬季五輪・パラリンピックに100人規模の「在日同胞青年オリンピック応援団」を派遣...
北核実験を糾弾…青年会中央...
 青年会中央本部は4日、朴会長名で「北韓核実験に対する反対声明」を発表。北韓が6日目の核実験を行ったことを「日本に居住するあらゆ...

MINDAN All Rights Reserved.