地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 次世代情報コーナー
過去から未来を展望…青年会全国会長会議
「40周年」概要固まる

 青年会中央本部(朴裕植会長)は8、9の両日、東京・港区の韓国中央会館で第84回全国会長会議を招集し、2月の第39回定期中央大会で採択した活動方針について協議した。

 青年会中央結成40周年記念「在日青年共育フォーラム」は9月30日〜10月1日、東京・渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催することが決まった。全国から幹部クラスの会員160人が韓服で臨み、団結力の強化を図る。

 40周年セレモニーのコンセプト(案)は「過去から未来へ」。映像で40年の歩みを振り返り、中央会長を経験した歴代OBと対話し、未来を展望したメッセ‐ジを探る。現役の各地方会長はそれぞれこれからの決意を語る。

 「共育フォーラム」に備え、各地で事前学習会を地協単位で行う。青年会中央からは学習会に合わせ、キャラバン隊が巡回する。

 重点方針「本国ワークショップ」は11月23〜26日にソウル市とその近郊で実施。幹部活動者を中心に100人程度の参加を予定している。分科会のテーマ(案)は1,南北統一2,韓国社会の人権問題3,経済活動。

 また、基本方針の人権擁護活動では、「人種差別を目的とする公共施設使用不許可を求める要望書」を地方自治体に提出していく。

 朴会長は「青年会で活動していてよかった、楽しかったと思えるような企画にしていきたい」と話している。本国との結びつきを深めようと、来年2月の定期中央大会は平昌冬季オリンピック観戦も兼ねて韓国で開催する方針。

 協議に先だって会務報告があり、組織と総務に関する全体学習も行った。

(2017.4.12 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の次世代情報コーナーニュース
オリニ70人で大盛況… 荒...
 民団東京・荒川支部(秦富澤支団長)と足立支部(金昌浩支団長)の合同オリニクリスマス会が10日、荒川支部会館で開かれ、約70人の...
オリニ交流各地で…冬季連帯...
 在日同胞オリニの冬季連帯事業「クリスマス会」が各地で始まった。友だちとは夏のキャンプ以来、約半年ぶりという再会も多く、一緒にゲ...
本国との紐帯、肌で…青年会...
 【ソウル】在日韓国青年会中央本部(朴裕植会長)が主催する幹部対象の本国ワークショップが23日から26日まで、ソウル市を中心に開...

MINDAN All Rights Reserved.