地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 次世代情報コーナー
韓服に身を包み、語り、踊り、考えた…青年会40周年共育フォーラム
 在日本大韓民国青年会(青年会)中央本部の結成40周年イベント「在日青年共育フォーラム」が1日までの2日間、都内で開かれた。初日の記念式典では参加した青年男女130人全員がチマ・チョゴリ、パヂ・チョゴリを身にまとい、華を注いだ。呉公太民団中央団長、李俊揆駐日韓国大使をはじめ、歴代中央会長も「若々しい青年たちの韓服姿に感動、未来への明るい希望を感じる」とメッセージを送った。また、各地方によるサムルノリやダンスなどのエネルギッシュなパフォーマンスで祝賀ムードを盛り上げたほか、グループ別ディスカッションを通じて、在日青年と青年会の未来像などを語り合った。
 
華やか民族衣装で全員集合
記念式典では参加した青年男女130人全員がチマ・チョゴリ、パヂ・チョゴリを身にまとって華やかさを見せた。衣装の調達には青年会のOBでもある文光秀氏(53・東京)が営む韓服レンタル&スタジオ「OMOIDE」が全面協力した
 
歴代会長が叱咤激励
式典には青年会の歴代中央会長もそろって参加し、現役青年を激励した(左から林三鎬=2代、金昌敏=9代、金宗洙=12代)
 
金明秀関西学院大教授の特別講演では、93年と13年に実施した「在日韓国人青年意識調査」の結果を分析しながら同胞社会の未来を展望した
 
さまざまな発表に真剣なまなざしで聞き入る参加者
 
誇りを持ってマイストーリー
2日目には青年会のメンバー4人が自身の出自と同胞や青年会とのつながりまでの経緯などを語る「マイストーリー」を発表、参加した青年たちは自身と相通じる部分も多く真剣なまなざしで聞き入っていた(左から朴美花=東京会員、金高子=京都本部総務部長、朴成華=福岡本部会長、韓奨=埼玉本部会長)
 
未来への乾杯
全国から参加した青年たちは仲間同士のネットワーク拡大と未来の民団と在日同胞社会のリーダーになることを誓い合い乾杯した
 
エネルギッシュに
祝賀パーティでは各地方によるサムルノリやダンスなど、エネルギッシュなパフォーマンスでムードを盛り上げた
 
初めて着る参加者も多く、「初韓服」に大喜び。しっかり記録しようと、会場のあちこちで自撮りするシーンが見られた
 
(2017.10.11 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の次世代情報コーナーニュース
オリニ70人で大盛況… 荒...
 民団東京・荒川支部(秦富澤支団長)と足立支部(金昌浩支団長)の合同オリニクリスマス会が10日、荒川支部会館で開かれ、約70人の...
オリニ交流各地で…冬季連帯...
 在日同胞オリニの冬季連帯事業「クリスマス会」が各地で始まった。友だちとは夏のキャンプ以来、約半年ぶりという再会も多く、一緒にゲ...
本国との紐帯、肌で…青年会...
 【ソウル】在日韓国青年会中央本部(朴裕植会長)が主催する幹部対象の本国ワークショップが23日から26日まで、ソウル市を中心に開...

MINDAN All Rights Reserved.