地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
民団鳥取「在日講座」30回目に…2部構成で講演
 【鳥取】市民の立ち位置から在日関係を考える民団鳥取本部(薛幸夫団長)での「在日講座」が4日、30回目を迎えた。

 2部構成。第1部では「日本韓国の市民友好の会」事務局を担い、在日韓国人に対する人権、生活、社会的地位の向上を支援している江角秀人さんが講演。ヘイトスピーチに対抗し、行政そして議会、県民市民を巻き込んで取り組むと語った。

 第2部では県公文書館職員で、かつ歴史研究家でもある西村芳将さんが「瓦町新地(衆楽園)と朝鮮人酌婦(娼妓)」と題して講演。瓦町新地の場所由来、娼妓の実態、さらに朝鮮人酌婦の渡航経歴や管理体制などについて明らかにした。

 講演は1時間半に及んだが、来場者からの質疑がさらに30分にわたって続いた。薛団長は「日本の植民地政策や慰安婦問題があぶり出された」と感想を語った。聴衆は約30人だった。

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の同胞生活ニュース
核実験強行の北韓糾弾…団長...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワー...
暴挙中止へ立て…民団幹部ら...
 3日に強行された北韓の核実験に対し、民団中央本部は5日、朴相泓事務副総長を代表に、中央本部と東京本部、婦人会、青年会の幹部ら3...
<青年会>過去から未来を展...
 青年会中央本部(朴裕植会長)は結成40周年行事「在日青年共育フォーラム2017」を2日間にわたって東京都内で開催する。3日、東...

MINDAN All Rights Reserved.