地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
長野から平昌応援…「コリア市民祭」冬季五輪とコラボ
写真撮影コーナーで人気を集めたマスコット人形
 【長野】民団長野本部(朴永大団長)は10月29日、恒例の韓日文化交流イベント「コリア市民祭」と来年2月開幕する平昌冬季五輪・パラリンピックをコラボさせた。オリンピック開催まであと100日と迫ったことから企画した応援キャンペーン。松本市のキッセイ文化ホールにPRブースと写真撮影のためのコーナーを設け、詰めかけた市民500人にアピールした。

 ロビーは開演2時間前の正午から一般に開放された。市民は早めに入場し、PRブースで江原道平昌冬季五輪組織委員会から提供されたピンバッジ、メモ帳、ボールペン、うちわなどの記念品を受け取っていた。

 隣りの写真撮影コーナーでは、平昌冬季五輪・パラリンピックマスコットの「スホラン」と「バンダビ」が人気。若い女性グループのなかには人形を手に、持参のスマホで自撮りを楽しむ光景も見られた。

 開会セレモニーで朴団長は「長野県は2016年12月、江原道平昌との間で友好交流協約書に調印し、98年冬季五輪開催地として運営上のノウハウを伝えながら交流を深めているところだ。韓国と日本との良好な関係を願う民団としても、冬季五輪の成功を願い、平昌にエールを送ることにした」と述べた。これに対して太田寛副知事は「県と韓国との交流は一昨年、阿部守一知事が初訪韓してから始まったばかり。平昌ばかりかソウル市とも観光などを軸とした友好協力の協約を締結している。韓国と連携協力しながら共に発展していきたい」と祝辞を述べた。

 ステージでは平昌冬季五輪のイメージビデオが上映され、マスコット人形が抽選で入場者10人に贈られた。引き続きJPスタジオ(朴貞子韓国舞踊団、東京都中野区)とK‐POPショートライブが会場を盛り上げた。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の同胞生活ニュース
韓日友好の懸け橋に…各地民...
 民団は各地で2018年の新年会を開催し、韓日の懸け橋役となって民間レベルの友好親善に尽くすとの決意を新たにした。関東 神奈川(...
新成人の門出祝う…夢の実現...
親子2代の参加者も 民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時...
在日関東地区忠清道民会新年...
 社団法人在日忠清協会(柳箕桓会長)は13日、東京・新宿区内のホテルで法人としての創立総会を兼ねた新年会(李玉順実行委員長)を開...

MINDAN All Rights Reserved.