地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
支部の成果事例を共有…「民団大阪活性化フォーラム」
29支部120人が参加した「ワークショップ」
自立財源と人材育成方案
建全な団務運営めざして


 【大阪】民団大阪本部(鄭鉉権団長)は1日、大阪市北区の大阪韓国人会館で「民団大阪活性化のためのワークショップ」を開催した。29支部から120人が参加。健全な自立財源と人材育成方案について意見交換を行った。

 はじめに鄭団長が「民団大阪の活性化に向けた今後のビジョン、目標を立てて共に取り組んでいこう」と呼びかけた。朴道秉議長は「厳しい現状もあるが、勇気をもって一歩前進しよう」と激励。金清正監察委員長も「お互いに理解しあい、情報を共有するきっかけに」と呼びかけた。

 はじめに高槻、天阿、北河内、港、大正の5支部代表が問題提起。団費収入の減少や問題点、高齢化による団員減少、会館の有効活用をどうすればいいのかについて意見を述べた。

 成果事例としては八尾支部が、「街かどデイハウス」や通所介護事業が事業収入や団員増員につながっていると発表。堺支部も堺まつりで朝鮮通信使行列を再現するなど地域に密着した交流を深めていると明かした。

 他支部からは「成果事例を参考にしたい」「他支部の現状を知ることができた」といった肯定的な声が多く聞かれた。

 締めくくりに鄭団長が「健全な団務運営に関する指針」を示し、「在日と地域社会が仲良くしていくために、まずは支部の役員どうしが交流を楽しみ、団員へと輪を広げていくことで人間関係を強くしていくことが大事。本部としてもバックアップしていく」と強調した。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
地域社会へ貢献誓う…民団茨城7...
全国で12番目 【茨城】民団茨城本部(張仙鶴団長)は21日、水戸市内のホテルに民団関係者のほか国会議員、県議、自治体関係者など320...
その他の同胞生活ニュース
<プレスリリース>国連人権...
1.   2017年11月14日、国連人権理事会において日本政府に対する 第3回UPR審査(Universal Per...
「長津湖戦闘」戦死者追念式...
 1950年の6・25韓国戦争で最も過酷だった戦闘の一つとして知られるのが「長津湖戦闘」だ。この戦闘で犠牲になった在日学徒義勇軍...
<青年会東京>先輩の歴史を...
 在日韓国青年会東京本部(鄭昇栄会長)の結成45周年を祝う記念式典・祝賀会が11日、東京都内のホテルで開催された。会員約60人を...

MINDAN All Rights Reserved.