地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
本国との紐帯、肌で…青年会ワークショップ
光化門広場で記念撮影する青年会メンバー
 【ソウル】在日韓国青年会中央本部(朴裕植会長)が主催する幹部対象の本国ワークショップが23日から26日まで、ソウル市を中心に開かれ、全国から11地方50余人が参加した。本国との紐帯を強化し、幹部の力量強化や意識向上を図った。

 23日は全体講演、24日は、「南北統一」「歴史・人権」「経済活動」の3つのグループに分かれた。「南北統一」では、北韓が南侵用に1975年に掘った第2トンネルを視察したほか、脱北青年とのマイストーリー交換会では、「他者の目を恐れず自分自身を受け入れる」「自分の見方で世界は変えられるということを学んだ」との声が上がった。

 「歴史・人権」では、「ナヌムの家」を訪問した。ハルモニたちの壮絶な体験を肌で感じ、「もっと従軍慰安婦問題について学び、伝えていかないといけない」という感想が聞かれた。

 「経済活動」では、コーディネーターに高海正氏を迎え、韓国の就職事情を学んだ。「情熱」と「勢い」をもって、自分の「夢」をかなえることが大切だという実感を得た。

 25日に班ごとに学んだことを共有するために発表を行った。また、民主平和統一諮問委員会講演会を拝聴した。26日は制作中の青年会の広報映像の撮影も行われた。

 参加者からは「ワークショップという場でたくさん学べるいい機会だった」と好評だった。

(2017.11.29 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の同胞生活ニュース
韓日改善へ期待大…李洙勲大...
 李洙勲駐日大使の歓迎会が8日、民団中央本部が主催して都内で開かれた。全国の民団や傘下団体、韓人会などから250余人の幹部らが、...
【訃報】尹隆道氏(青年会中...
 2日、内臓疾患のため死去。74歳。お別れ式は8日、近親者を中心に横浜市西区の久保山霊堂大式場で営まれた。喪主は夫人の成永順さん...
家族連れに好評・桑名は10...
 【三重】民団三重本部(殷慶基団長)は3日、桑名市内のボウリング場で団員を対象とするボウリング大会を開催。過去2回を上回る105...

MINDAN All Rights Reserved.