地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
「韓国併合」授業 韓・日双方向の視点から(04.12.1)
日本の植民地統治をテーマにしたグループ討論を見守る民団関係者(右端)
秋田・大潟中学校
民団秋田本部が協力

抗日闘争資料も活用…さらに深まった歴史認識

 【秋田】韓国併合の単元を学習するにあたって韓国と日本の双方の視点から歴史事実に迫る研究授業が11月、秋田県内の中学校で行われた。教材づくりにあたっては、民団秋田県本部が韓国・群山市内の臨陂中学から国定教科書と小作争議に関する資料を取り寄せて翻訳するなど協力した。関係者からは「歴史を客観的に把握するうえで、画期的な授業」と評価する声が聞かれた。

 授業が行われたのは男鹿半島に近い大潟村立大潟中学校2年生の社会科学習。担当の金(こん)英夫教諭が韓国併合の単元を取り上げるにあたって総時数4時間をとり、三・一独立運動とからめて指導した。

 「韓国併合」で安重根義士、「三・一独立運動」では柳寛順烈士の思想と行動を学び、歴史認識を深めた。資料となるプリントは韓国の国定教科書などをもとに作成した。

 締めくくりの授業となった11月17日には民団秋田県本部の崔燕佑事務局長と朴金芳国際部長をゲスト・ティーチャーとして招いた。

 この日の授業で金教諭は、生徒のいろいろな考え方や主張を認め、多方面から歴史事実に迫るよう指導した。韓国併合の是非を判断するにあたっては「日本にもやむを得ない事情があった」とする生徒たちの意見も尊重し、そうでないとする生徒たちとの間でグループ討論を試みたりもした。

 「物事をいろんな角度から考えることで、歴史認識を深められる」というのが金教諭の一貫した考えかた。

 「日本史の枠組みだけで韓国を見たら生徒は『かわいそうな韓国人』『弱い韓国』という歴史認識からなかなか抜け出せない。それだけは避けたかった」と金教諭は話している。

 授業の最後に短冊に書き入れて提出した生徒たちの感想を読んだ金教諭は「授業を通して生徒の考え方が深まっている」と満足そうだった。一つの考え方からしかとらえず一面的な歴史観を押しつける「つくる会」教科書とは対照的ないきかたといえそうだ。

 同中学は3年前から群山市にある臨陂中学との間で教職員・生徒の交流を続けている。金教諭は今夏も群山市を訪れ、この地が日本の植民地統治時代に地主だった二葉社農場の収奪に抗して闘った小作争議の中心地だったことを示す「沃溝農民抗争記念碑」にふれ、「大きなショックを受けた」。このときから授業で取り上げたいと念願してきたという。

 授業を見学していた教育委員会関係者は「日本人の一方的な立場からではなく、抗日運動の視点から授業を進めたのは画期的なこと」と感想をもらしていた。

 民団秋田県本部の崔事務局長も授業中、あいさつに立ち「臨陂中学との交流を深めていってほしい」と強調した。

(2004.12.1 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早...
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・...
その他の同胞生活ニュース
<光復72周年慶祝辞>北韓...
「隷従状態から覚醒を」朝総連系同胞に強く訴える 親愛なる在日同胞の皆さん 本日、第72周年の光復節を迎え、日本帝国主義の36年に...
学び、語り、母国感じて…次...
 在日同胞の中・高・大学生を対象に夏休みを活用して実施された民団主催(在外同胞財団後援)の2017次世代サマースクールが7月25...
<韓国人元BC級戦犯たち>...
 牴燭里燭瓩法誰のために瓠これは第2次大戦中、南方のジャワ、マレー、タイなどで旧日本軍の連合国捕虜監視要員を務めたために解放...

MINDAN All Rights Reserved.