地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
「孫基禎」新銅像建立…ソウルの記念体育公園に
 1936年のベルリン五輪のマラソンで金メダルを獲得した故・孫基禎氏の新しい銅像(写真)を披露する除幕式が12月20日、ソウル市内の孫基禎体育公園で行われた。

 孫氏は日本の植民地支配下当時に開催されたベルリン五輪に日本代表として出場し、金メダリストになった。

 新たな銅像の設置は孫基禎記念財団が推進、「表彰台に立つ孫基禎先生の姿が基本となっているが、当時胸に付けていた日章旗の代わりに太極旗を付け、孫先生の念願だった堂々たる大韓民国マラソンランナーを表現した」と説明した。

 セヌリ党の国会議員で、同財団の理事長を務める金聖泰氏は、「今日は孫選手の悲しい歴史をわれわれの世代が記憶し、太極旗を胸につけた韓国のマラソンランナーとして出発する日」と話した。

 これまで設置されていた頭部だけの銅像は補修した後、同公園の入り口に移設される予定だ。

(2017.1.1 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他のスポーツニュース
<平昌五輪>諮問委10人に...
 2018平昌冬季五輪大会及び冬季パラリンピック大会組織委員会の李熙範委員長は、15日の民団第71回定期中央委員会の席上、在日同...
札幌冬季アジア大会…総合2...
 【北海道】第8回冬季アジア大会が19日、札幌市と北海道帯広市で開幕した。26日まで、5競技64種目で熱戦が繰り広げられる。32...
<平昌五輪>全競技場仕上げ...
 開催まで1年となった2018平昌冬季五輪・パラリンピックの李煕範組織委員長は15日、東京港区の韓国大使館で在日メディアと懇談会...

MINDAN All Rights Reserved.